ついにこの日がやってきた!

イタリアミラノからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

この道の先に見えるのが…

 

「サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会。

そうですレオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」が

壁画として描かれている場所です。

コレがチケットです。

ほとんど手に入らないので、ツアーでもなかなか見ることができません。

今回は、ハミングツアーの坪井さんが苦労して

手配してくれたプレミアチケットです。

 

ここから入場です。

チケットは時間指定があり

15分単位で20名くらいが一緒に入場します。

 

15分たつと20名が出てガラスの扉が開き

次の20名が入るという、徹底した入場管理がされています。

 

私の予約は13時15分。

15分間の感動を味わいいます。

 

中は写真が撮れないので

外にある垂れ幕をご覧ください。

 

中に入ると左手に「最後の晩餐」があり左手壁の上に6つの窓があります。

現在は光が入らないように5つはふさがれていました。

この窓が空いていたとしても

当時はかなり暗い場所でこの絵を見ていたのかなと

描かれた当時のことを想いめぐらせました。

 

この絵が見たくて今回イタリアにやってきました。

これから続くイタリアの旅のほとんど目にする絵が宗教画ですが

500年前の絵とは思えないくらいに迫力があります。

 

修復されたとはいえかなり色が薄くなっているのでしょうか

写真やテレビで見るような彩度や濃度はありません。

やはり本物をこの目で見ることに価値があります。

 

チャンスがあればぜひもう一度この絵を見たいと

ココロが感動しています。

 


bellecoure

 

新潟市中央区東幸町4-10

ダイアパレスRC東幸町 東棟1402

お問い合わせ : メールフォーマットより