情報発信しませんか? その4 デジタルネイティブ!!

HASSHIN DA!です。

 

そろそろわれわれ広告プロダクションの広告の関わり方が

変化を求められる時代に入るでしょう。

 

これまで20年以上かけて積み上げてきた広告の概念が

転換期を迎えようとしているようです。

 

デジタルネイティブの登場です。

物心ついたときからインターネットやケータイなどの

デジタル環境で育った世代。

 

インターネットの普及により

2000年後半にパソコン普及率が50%をこえました。

 

学校でもパソコンの授業が開始されたのもこの頃からでしょうか。

 

来年大学卒業の昭和63年生まれの人達が

初期のデジタルネイティブです。たぶん!!

 

われわれデジタルとアナログ両方を味わってきた世代と

何が違うのか?

 

アナログ世代はデジタルによって便利さを知りました。

 

デジタル世代は生まれたときからデジタルなので

手紙がメールに、調べ物がネットにと、アナログ体験をしていませんから

何かが劇的に変わるという便利さを感じたことのない世代。

SNS、ブログにメールやチャット、動画に音楽配信。

アナログレコードなんか全く知りません。

モノクロテレビなんかビックリしてしまうでしょう。

なぜテレビに色がないの???

 

情報があふれている時代の

新しい価値観を持った人達とでも言いましょうか。

 

世の中も不景気な時代しか知りませんので

お金を使っても、また稼げばいいという発想はない。

 

お金を大切に使う世代。

 

いったいどうやって広告しますか。

いままでの方法では琴線に触れることはできません。

 

広告と自社メディア、ソーシャルメディアを

うまく組み合わせたコミュニケーションが必要。

 

◎接触としての「広告メディア」

◎購買育成の「自社メディア」(情報発信)

◎購買行動へ導く「ソーシャルメディア」

 

そのキーを握るのが「情報発信」であり「情報編集」です。

 

最後のソーシャルメディアまでコントロールとなると

結構大変な事になります。

 

それでは頑張りましょう。

 

 

 

 

bellecoure

 

新潟市中央区東幸町4-10

ダイアパレスRC東幸町 東棟1402

お問い合わせ : メールフォーマットより