スターウォーズの真実

先週末から今週に架けてNHKで

「スター・ウォーズ」のエピソード1〜6、+クローン・ウォーズ

劇場版の1作を加えてエピソード順として世界初?の放送を行った。

 

まさに企画勝ちだったと思った。

私もビデオをなんぼんか持っているが

エピソード順にみようとは思ってもいなかった。

 

エピソード4の日本上映の1978年(米国は1977年)から

最後のエピソード3の2005年まで全て劇場で見た。

 

上映順に見た人は2つストーリーとして感じていたと思う。

最初のエピソード4からがルークのストーリー。

エピソード1からがアナキンのストーリーと。

でも今回連続して見てみると

ジェダイ時代のアナキンと暗黒面に落ちたダースベーダーの物語だったのでは

と改めて新しい発見をしたのは私だけだろうか。

 

さらに、全てのストーリーにずーーっと出ていたのは

アナキン(ダース・ベーダー)とオビ=ワンとヨーダとシスかな。

気がついていない誰かがまだいるかも知れませんが。

 

最後のエピソード6のラストシーンではもともと

オビ=ワンとヨーダとダース・ベーダが登場して終わっていたはずだが

確かエピソード2の頃に発売された

エピソード4〜6のDVDボックスの発売時に修正され

ダース・ベーダからヘイデン・クリステンのアナキンに変更されている。

 

今回の放送ではこのシーンが使われていた。

このシーンの追加で「スター・ウォーズ」はダース・ベーダの物語として

終了したことを印象づけている。

 

この映画の思い出は、中学生から最後は40代までかかって見たことだけでなく、

エピソード1〜3については当時高校生だった娘と一緒に劇場で見た。

親子2代で見る長〜い映画であったことに感謝したい。

 

 

bellecoure

 

新潟市中央区東幸町4-10

ダイアパレスRC東幸町 東棟1402

お問い合わせ : メールフォーマットより