W杯パラグアイ戦マイキャッチコピー!

昨日のW杯サッカー日本対パラグアイ戦は

今朝から新聞や各メディアのキャッチコピー戦になっている。

 

PK戦で力尽きる

 

岡田ジャパン惜敗(せきはい)

ベスト16熱き戦いを終える

 

などなど

さまざまなキャッチが上がっている。

若干PKという言葉を使った物が多いのか?

 

私が見た日に限って必ず負ける。

昨日もどうしようか迷った結果

勝っても負けても4年に1回のW杯

この試合はこの日だけのオンリーワン。

と思い覚悟を決めてTVの前で観戦。

 

結果、負けたとは言いたくない

負けていないから

PK戦で運がなかったと言いたい。

 

見ていない試合がどうだったかを知るすべは

見ていたメディアの人がその試合をどう一言のキャッチに

想いをこめて書いてくれるか。

そこに試合が凝縮していると思って読んでしまう。

 

今回は、試合を見ているからこそ

キャッチコピーが違うと思う。

 

この試合を考える

 

◎結果として負け

◎試合は負けていない

◎運がなかった

◎誰もあきらめずに戦った

◎個人技ではなく組織力で戦った

◎最後まで走り続けた

◎駒野のせいではない

◎感動した

◎記憶に残る試合

 

私がこの感動を伝えるなら。

 

岡田ジャパン

感動ありがとう!!

 

bellecoure

 

新潟市中央区東幸町4-10

ダイアパレスRC東幸町 東棟1402

お問い合わせ : メールフォーマットより