Blog

2018年、あけましておめでとうございます!

 

新年を迎え

謹んでお慶びを申し上げます。

 

本日から仕事はじめです。

本年もよろしくお願いいたします。

 

ベルクール

小池伸一

 

 

年末年始営業のお知らせ

 

誠に勝手ながら下記日程を休業とさせていただきます。

 

2017年12月29日(金)~2018年1月8日(月・祝)

 

大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

2017あけましておめでとうございます

昨年は、多くの方にお世話になり、

 

心より感謝申し上げます。

 

新年は、1月4日(水)〜8日(日)までお休みさせていただきます。

 

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 

2016年あけましておめでとうございます

 

新しい年を迎えました。

 

元旦の新潟市内は晴天。

 

今年もいい出会いや発見がありますようにお参りに行こう。

 

行動しないと何もはじまらない。

 

やりたいことは人に話して、後戻りできないように追い込むのもいいかもしれません。

 

本年もよろしくお願いいたします。

 


タカミヒサコ美筋Lab

 

「癒し空間ふぅ」の新しいホームページが9月中旬からオープンしました。

 

全てに新しくリニューアルしています。コンセプト、施述メニュー、コンテンツの見直しから、美筋学を本格的に裏付けのあるものにするための「美筋Lab」もスタートしました。

 

これまでの解剖学に基づく勉強の成果はデータを交えながら公開し、代表のタカミさんを支えてくれる多くのスペシャリストも紹介していきます。

 

タカミさんのコンセプトは、笑顔です。多くの方を笑顔にするための施術。癒しや、美しさや、コンプレックスの克服など人それぞれに必要とする施術は別です。

タカミさんとスタッフが自分達でメンテナンスができるホームページを作りました。

よろしかったら、ぜひ一度ご覧ください。

 

 


魚沼基幹病院の新しいホームページ

 

9月29日(火)、新潟県南魚沼市に6月1日(月)開院した魚沼基幹病院の新ホームページがオープンしました。

 

地域完結型医療をめざし、高度医療と三次救急を担う魚沼基幹病院は、新設病院です。元々の病院があり老朽化などで立て直すことはよくある話ですが、全くの新設です。

 

内山院長を筆頭に渡辺看護部長や開院準備室のスタッフ達の開院まで努力は並大抵ではありませんでした。その集大成として、ついに新ホームページが完成しました。

 

ベルクールでは、デザインとディレクションを担当。撮影は、MAXの松永由佳さん。システムとコーディングは、地元魚沼の株式会社ソフト・ドゥさんにお願いしました。

 

 


年が変わらないとできないこと。


毎年のことですが、新年を迎えないと年賀状を作らないこと。

信念としてやっていることではありませんが。


新しい年を迎え、今年はと考えながら「干支は未年だから」羊かな。

というところから出発します。


情報編集として情報を分析すると、

今年はあきらめない

やり抜くという思いをカタチにすることが目標。


ならば、羊といえば編み物。

根気よく編み続けると必ずカタチとして完成する。

さらに、その糸が羊毛であれば暖かさもあって実用的。


自分の思いと羊をかけたらこんなデザインになりました。


しかし、できあがったのが1月5日でした。

もう年賀ではありませんね。


2015年新年あけましておめでとうございます。


昨年も多くの方に支えられた1年でした。

こころより感謝申し上げます。


今年も皆さまのご支援、ご鞭撻をいただきながら

さらに切磋琢磨していきたいと思います。

昨年は、有言実行する1年でありたいと書いた記憶があります。


今年は

あきらめない、

やり尽くす、

という信念を持ち続けたいと思います。


今年もよろしくお願い申し上げます。


2014年あけましておめでとうございます。

 

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりありがとうございました。

 

今日から仕事始めです。

昨年やりたいことの半分もできなかったコトに反省しつつ

有言実行で行きたいものです。

 

年をとると頭だけが先に行き、

体が付いてこないという悲しい現実を思い知らされました。

今年は、体を鍛えるコトから始めないと、昨年と同じ失敗を繰り返しそうです。

 

今年は午年。

走り抜ける馬のイラストをフォントで描いてみました。

駆け抜ける1年をスゴしたいと思います。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

bellecoure代表 小池 伸一

 


2013年もよろしくお願いいたします。

illustration oyo
illustration oyo

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。


昨日は久しぶりに実家にもどり、

紅白歌合戦を見ながらお酒を飲みました。

いろんなジャンルの歌が聴けて私は楽しいと感じますが

母にとっては、分からない歌ばっかりとがっかりしています。

全ての世代に愛される番組はとても難しいものです。


近年、グラフィックデザイナーが関わる仕事の領域が

広くなってきていると感じます。

全ては、情報を整理してどのようにコミュニーケーションし

共有するかということになります。


時代のニーズに合わせたあらゆるデザインを

これからも続けてまいりますのでよろしくお願いいたします。

 

 

bellecoure代表 小池 伸一


新米の季節! 新潟コシヒカリ食べ比べはいかが。

  イベント  

今週末から、「新米 新潟コシヒカリ食べ比べ@べじ家」を開催いたします。

アグリノートのウォーターセル(株)さんとべじ家さんと一緒に開催いたします。

 

◎日時/10月27日(土)・28日(日)

    11時〜21時

◎会場/和かふぇ べじ家

 

農家さんはそれぞれ、地域を代表するコシヒカリを一生懸命に作っている農家さんです。当日は定食や農家さんの新米 2kgと5kgの販売もいたします。

 

◎今回のイベントのポイントは

新潟コシヒカリは農家さんの育て方によって味が違うこと。

アグリノートというクラウド型の農業生産記録ツールで、お米の生育データがはっきりしている裏付けのあるお米を食べていただくことも、今回のイベントのポイントです。

 

◎新米 食べ比べ定食

 

新米食べ比べ定食 1,380円
メイン料理は、お好きなメイン料理を1点お選びください

A. ブロッコリーとチキンのガーリックソテー

B. サーモンのムニエルねぎ塩ソースがけ

C. 豚肉の自家製塩麹焼き


小鉢

・坊ちゃんかぼちゃのサラダ

味噌汁

・野菜具だくさん味噌汁

漬物

・べじ家づけ

サラダ

・彩りサラダ

デザート

・豆腐白玉

ドリンク

・坊ちゃんかぼちゃと野沢菜のスムージー

 

ご飯は、4軒の農家さんのお米が食べ比べしやすいように

おにぎりで提供いたします。

 



新潟市内に雷! あまりにもすごいので動画にまとめました。

 

8月23日のことなのでかなり古い情報ですが、

私にとっては、初めての経験なのでiPhoneの動画で撮影したので

iMovieでニュース風に1分位に編集しました。

 

約2時間に渡って新潟市内近郊で雷が落ちまくった。

かなり広範囲に落ちていましたからびっくりです。

 

どこも火事にならなくて幸いでしたが、

最近の気象はちよっと怖いですね。

突然どしゃ降りの雨が降ったりと。

 

記録としてブログアップしました。


魚沼米を使った手造りおかき! 山文さんのおかきはとても懐かしい味。

 

先日、魚沼の山文さんの取材に「うぇる米魚沼」の編集メンバーに取材同行させていただきました。

山文さんは1920年(大正9年)創業の魚沼のおかき屋さんで、

三越、京王百貨店、東武百貨店などでも販売しています。

地元の知名度より県外の知名度が高い手造りおかきです。

 

実は、私は「おかき」にはちょっとうるさいんです。

というのは、私の母は子どもの頃おかき屋に勤めていて

幼稚園の帰りにいつもおかき屋さんで、遊んで育ちました。

もう40年以上前の話です。

今のように添加物がない時代でしたから、本物の匂いを知っています。

 

山文さんへうかがって工場へ入ると子どもの頃にかいだ餅の乾くような匂いでしょうか

なんとも説明ができない匂いが漂っていました。

子どもの頃に嗅いだにおいそのものです。

 

実際、ムービーを見ていただくとわかりますが、全て手造りです。

混ぜ物もなく、本当に餅と塩や醤油だけです。

それを、人の手で作っています。

オートメーション化される工場が多い中、昔ながらの作り方にこだわっています。

 

子どもの頃に見たおかきの作り方と違うのは、餅を切るのが機械になり、

乾燥にバーナーが使われていた点ぐらいでしょうか。

 

こだわっている点はとお聞きすると、餅の水分の飛ばし方と乾燥のさせ方と焼き方。

これで、おいしさが決まりますと森山さん。

一番手間のかかる商品はと意地悪な質問をすると、醤油味のあかきだそうです。

焼いて、醤油にくぐらせ、また乾燥させて、また焼いてを繰り返します。

 

山文さんのおかきを食べるとわかりますが、

かんだ後、お米の味がしっかり口の中に広がります。

当然、添加剤が入っていないので口の中にへんな後味が残る事がまったくありません。

 

ちょっと硬いかなと言う方もいるかもしれませんが

それは添加物が入っていない、昔ながらの作り方だからです。

本物の味を知っている50代以上の人たちにはたまらない逸品でしょう。

 

アレルゲンがありませんから、お子様にも安心して食べさせられます。

久しぶりに、この匂いをかぐ事ができて良かった。

また来てくださいねと言われたので「はい」と答えました。

本当にまた行っちゃいますよ。

 

くわしい情報は、うぇる米魚沼編集部の記事をご覧ください。

http://www.welcome-uonuma.com/contents20.html


ほぼ日はらまきの糸を染めていたのは! 新潟県長岡市の港屋さんでした。

先日、栃尾の港屋さんへ行ってきました。

染め物の町だった旧栃尾市から合併により現在は長岡市になりましたが、

創業は1871年、140年の歴史ある染め物屋さんです。
「もっとも古くてもっとも新しい会社です」と社長さん。

昔ながらの技術を基本として、最新の技術や体に優しい薬品を使い、

安全・安心な染め方にこだわっています。

 

工場には、カラーテストや色の成分を決める部署があり、

大量のカラーサンプルとテスト染めの設備が揃っていて、

小さなサンプルからでも全く同じ色に染めてしまいます。

機械で色味を測っても最後は人の目視で微調整します。


そんな港屋さんとお話をしていた時に、ほぼ日の話になりました。

実ははらまきの糸は当社が染めて納品していますというお話を聞き驚きました。

私はほぼ毎日、ほぼ日を見ているのですが、

毎回はらまきがでるたびに買おうか悩んだりしていましたから。

それがこちらで糸を染めていたとは…。

ほぼ日でも紹介されているんですよと聞いたので調べてましたら、昨年の記事にありました。

ハラマキが気持ちいい理由

 

 

染色方法も、日本で港屋さんでしか染めることができない「ロケットマフ染色」という方法で染めているそうです。

この他にもスペック染めやデニット染めなど日本でココだけの技術が満載です。
工場の中を見学させていただきましたが140年の歴史を残しつつ新しい物が融合された雰囲気です。


今日、ベルクールは5周年を迎えました。

ベルクールは、今日で5周年を迎えました。

日頃お世話になっている方々のお陰です。

人と人とのつながりから、人は支えられていると最近感じています。

 

早い物で5年前と言えばまだ、スマートフォンも無い時代。

 

デザインも少し前まではコミュニケーションデザインと言う言葉が流行っていましたが、

最近はコミュニティデザインという言葉がはやりだしました。

 

Designはsign(形)からde(離れる)ということ、情報を整理することがデザインではなく、

人のつながることがデザインをすることが求められて来ました。

デザイナーの領域もだんだん広がり、人とつながるwebデザインディレクション。

それもデザイナーの仕事になりました。

 

これから中小企業に求められる情報発信。

クラウドだのSNSだのと手軽に始められるツールが増えて来ましたが、

実際に使いこなしている人は極わずか。

 

ブランディングやFacebookなど、流行ものの講習会がいろいろなところで主催され、

著名な講師が来県して講習を開いています。

でも、聞いただけでは自分の物にはなりません。

実践、実践。実践して結果から次の一手を見つけないとなかなか前に進めません。

 

これからのデザイナーはちょっと面白いかもしれませんね。

 

 

新潟ADC年鑑2011ついに発売!

 

新潟ADC年鑑2011がようやく会員に配付されました。

たぶん新潟市の大型書店には昨年12月末に配本されていると思います。

 

通年は11月が発売ですが今回は長かった。

 

グランプリは、初回新潟ADCグランプリに続く2回目の石川竜太さん(Frame)。

パッケージと言えばこの人とというくらいパッケージが強い。

今回、準グランプリでペーパーバッグでも受賞している。

 

当然、年鑑のディレクションは石川さん。

装丁もパッケージを思わせるような表紙の紙と製本時に1枚1枚にラベル貼り。

 

新潟ADC年鑑の購入は「紀伊國屋書店 新潟店」「ジュンク堂 新潟店」で購入できます。

 

詳しいことは新潟ADCホームページをご覧ください。

 

 

 

 

 


森本千絵さんが「水と土の芸術祭」ロゴ制作!

 

1月25日、東京六本木で「水と土の芸術祭」の新ロゴお披露目。

デザインをしたのはgoenの森本千絵さん。

 

最近、新潟でもいつくかの大きなロゴコンペがあった頃の発表だったので、ちょっと驚きでした。

水と土に関してはコンペは無かったと思われるので指名発注ですね。

ちょっと意地悪な言い方をすれば、新潟市民のデザイナーにチャンスを頂けなかったのはとっても残念。

彼女に負けないくらいもっともっと努力をしなければダメなのかもしれない。

 

数年前に、JAGDA新人賞展で長岡に来県されたときに、お話しをする機会が有ったのでいろいろと質問をしたことを思いだす。

とっても奇策なのに、ちょっとお尻が見えそうなファッションに驚いた記憶がある。

まだ、博報堂時代の事だったのでちょっと意地悪な質問をした。

もし、森本さんのデザインが気に入らないクライアントがいて。

だしてもだしてもOKがいただけなかったら…。

他のデザイナーを紹介します。

素直な答えだった。

 

その後、独立して現在の「goen」に。

彼女の進化は止まらない、最近ホームページを見たら、またバージョンアップしていた。

 

上の動画は東京プレス発表時のオープニングMovieだそです。

下の画像が新ロゴです。


あけましておめでとうございます。

 

今日から仕事始めです。この冬一番寒い朝を迎えました。

今年はどんな年になるのか?

野田さんの消費税問題も「ネバーギブアップ」と言っていたそうですから!

私も目標にむかって「ネバーギブアップ」。

 

昨年から感じることですがデザイナーの領域がだんだん広くなってきているように感じます。

webコンテンツの提案や店舗コンセプトを含む一連のグラフィックデザイン、

そしてネーミングやアプリケーションの画面デザインなど…。どんどん広がっています。

それにともなって勉強しなければいけないジャンルも増えている。

とっても楽しい事ばかりです。つらいと思った事はありません。

むしろ時間が足りないと思うことばかりです。

今年の目標は時間を効率的に使い本を読んだり、

実験的にチャレンジしたりして数多くのデザインをアップしていかなければ。

 

これからデザイナーは大変です。いろんな事を覚えなければいけない。

私も50歳を目前にしてまだまだいろんな事にチャレンジしていこうと思います。

 

ことしもよろしくお願いいたします。

 

ベルクール

代表 小池 伸一

 

 

来週はクリスマスたったのですね!

もうすぐクリスマスと思っていたら、もうすぐ正月でもありました。

年賀状の準備を全くしていないことにも気がつきました。

来年は辰年。

伊豆の踊子ならぬ「辰の踊子」をギャグ風に作ってみようかとも思いましたが

やっぱりおやじギャグになってしまう。

新年そうそう滑ったギャグじゃしょうがないし…。

 

ベルクールもクリスマスには楽しいパーティでもしようかと

Merry Christmas! bellecoute nightポスターを作って見ました。

でも本当に今、必要だったのは年賀状のデザインだったようです。

 

先ほど大変な事に気がつきました。

ベルクールはフランス語で「bellecoure」と思っていましたが

こちらは全く意味が違っていました。

本来「美しい色」と言う意味で名付けましたので「belle couleur」が

正しかったようです。

いつか時期をみて修正しなければ…。

誰も気がつかなければいいが!

 

 


JAGDA新人賞展2011 in 長岡+やさしいハンカチ展

 

JAGDA新人賞展は、東北復興支援チャリティの「やさしいハンカチ展」とともに

長岡市 新潟県立近代美術館2階ギャラリー開催されることとなりました。

 

JAGDA新人賞展2011

 東北復興支援チャリティのやさしいハンカチ展

 2011年11月19(土)〜27(日)9:0017:00 入場無料

 ※月曜休館 金曜は6時30分まで

  新潟県立近代美術館2階ギャラリー

 

◎開催記念ワークショップ「やさしいハンカチをつくろう」

 11月19日(土)・20日(金)10:0016:00 

 新潟県立近代美術館2階ギャラリー(2日間合計先着100名まで受付/参加費500円)


◎JAGDA新人賞展開催記念トークイベント@長岡造形大学

 (大黒大悟・高田唯・天野正)

 11月23日(祝/水)13:3016:30(予定)

 長岡造形大学・円形講義室/レストラン(定員200名・参加費無料・申込不要)

 お問い合わせ/(有)シーアンドエス・齋藤 025-290-3377 saito@cands.jp

 

 

 

 

みんビズサポーター登録セミナー参加

 

9月13日にGoogleが「みんなのビジシネスオンライン」

(みんビズ)サービスを開始した。

中小企業のビジネスをサポートするための

業種別に最適化されたサイトを1年間無料で利用できるサービスです。

 

昨日は、そのみんビズサポーター登録セミナーに参加しました。

 

当然、登録申請も出しました。

 

基本がJimdoのシステムを利用しているので

使い勝手はよく分かっているのでちょっと安心しました。

 

私のサイトもJimdoですし、私がクライアントに提供しているサイトも

Jimdoを使って提供しています。

いくら簡単に作れると言ってもなかなかきれいに作るのは大変です。

皆さんが困るのが画像です。

簡単にデジカメで写真は撮れるようになりましたが

どう撮ったらいいかというのはまた別物です。

 

みんビズのサイトはJimdoのもともとのデザインベースに手が加えられているので

そのままでスタートしやすくなったと思います。

ただ、一度選択してしまうと他のデザインを選び直せないのがネックですが…。

 

でも、個人事業主や中小企業などのサイトを作りたいが

コストをかけられない方には最適なシステムです。

 

今回の「登録セミナー」の講師の方はとても分かりやすいツールを用意しているので

見ていただければ、作ってみようか? と思う人も多いと思います。

 

みんビスサイトはこちらです。

 

無料で1年間「jp」ドメインを使えるのと

ブログ、Eコマス、メルマガやスマートフォン対応など

最新の機能がてんこ盛りです。

 

私のサイトがbellecoure.comでJimdoのPROを使用

今回、みんビズに登録したので1年間 bellecoure.jpも保有しました。

さあ、どう使おうかな?

 

 

 

 

0 コメント

新潟ADC年鑑2011 現在進行中!

新潟ADC年鑑は今年も11月の発行を目指して順調に作業が進んでいます。

昨日も丸山編集長の招集で、メンバー10名ほどが集まりました。

各カテゴリーデザイナー達が校正出力紙を持ち寄り、編集長とADチェックを受けました。

現在の予定では、11月1日下版なので7日くらいの発売になるのかな?

 

今年のADはグランプリの石川さん。

表紙は前回の笹団子とはまったく異なっていますね。

今回、ADCメンバーリストを頂だきましたが100名を超えていたのには驚いた。

いつの間にか大所帯な組織になっていました。

発売まであと約1ヶ月、賛助会員が集まりにくいのも今年の傾向でしょうか。

校正作業中をビデオにまとめましたのでご覧ください。

 

 

0 コメント

和かふぇ べじ家お店紹介

和かふぇ べじ家さんは新潟市北区松浜に9月20日オープンしました。

前回ポスターだけご紹介しましたが、今回ようやく撮影ができました。

オープン当初は店内をお祝いの花で埋め尽くされて、湿度も鰻登りでした。

店を入ってすぐの野菜などの販売テーブルまわりとエントランスは

ココは植物園かと思うような植物で埋め尽くされました。

 

開店から1週間がたちましたので本来の姿が見えるようになりました。

近隣にチラシを配付したせいかご近所の方々が多く集まっているようです。

入口の窓にはまだ欄などのお祝いの花が見えています。

 

 

エントランスの販売テーブルにはテイクアウトのケーキとお弁当が並んでいました。

午前中には地元農家さんの野菜も並んでいたそうですが売り切れていました。

 

 

元がコンビニだったとは思えないような外観です。

店内外に木をふんだんに使用しているのでとても柔らかな空間に仕上がっています。

店内外の壁は家族3人とお友達で塗ったそうです。最初と最後ではかなり進歩が見られます。

そんなところを眺めてみるのもこの店の楽しみ方です。

今回はロゴとポスターやチラシ、フライヤーなどを制作しました。

ロゴは焼き印を作りオリジナル家具達の何処かに印されています。

今回は昼間のお店を撮影しましたが、夜も結構雰囲気がいいんですよ。

次回は夜のべじ家を撮影してきます。

 

 

0 コメント

和かふぇ べじ家 ポスター

 

和かふぇ べじ家 店内ポスター

AD,D  Shinichi Koike

ADV  Vegeya

 

新潟市北区松浜東町に「和かふぇ べじ家」がオープン。

「春夏秋冬」「野菜料理」をテーマに、新潟産、特に地元北区の旬野菜を中心に提供します。

かふぇと言うくらいなので夜はお酒、ティータイムはコーヒーや和茶に日替わりケーキ…。

ランチには5種類のランチメニューが楽しめます。

 

べじ家は木のぬくもりを感じさせる店内なので

その素材感を感じさせるシンプルなビジュアルを考えました。

このポスターは店内奥の小上がりにオリジナル木製ポスターパネルに飾られています。

パネルももちろん木製のレトロチックなデザインです。

 

ロゴやチラシ、トイレや入口などのサインも制作しました。

お気軽にのぞいてみてください。

 

 

 


0 コメント

新潟まつり、花火と佐渡と夕日の競演!

 

新潟まつりのクライマックスは花火大会。

夕日が沈みかけた頃、最初の一発の花火が打ち上げられる。

 

向こうに見えるのは佐渡。

夕日に沈むほんの一瞬。

この後、町はすぐに暗闇に沈んでしまう。

 

本来なら、真っ暗になった時が一番きれいだと思うが

私はこの瞬間がもっともきれいだと感じる。

 

夕日の赤、空に残る青、そして花火師が作った火薬の色。

全てが合わさった瞬間、新潟の空を美しく飾る。

 

 


0 コメント

薄明かりくらいが、気持ちいい年頃…!

 

ちょっと忙しい時間が続くと、つい旅に出たくなる。

かといってそうそう旅に出ることもできない。

そこで、前に撮影した写真を眺めてみると、

「あれ」こんな写真とったっけ?

という写真に目がとまってしまう。

 

何気なく切ったシヤッターの記憶がない。

記憶のない写真についてはその前後の記憶もなく、

どーいったシーンで撮影したのか?

ただ、この街はモノクロがきっと似合うと思い

モノトーンで撮影したことだけ。

 

やけに夜が暗い街だなーという印象が残っている。

 

だからな時折現れる街頭が妙に明るく、

いとおしく思えてしまった。

 

最近は日本もくらい場所が増えたので、

これからはそんなことを思うことはないのだろうが。

明るい生活になれていた日本人にとってくらい生活は不便なのだろうか?

 

最近は仕事以外では、

明るすぎる灯りのある暮らしが妙に落ち着かない。

年のせいかもしれないが、

明るさが目にいたいと感じることがある。

 

電気のない島の暮らしをテレビを見た。

電気がなくてもランプがあるので、

生活には何の支障もないと長老は言った。

 

住む場所と食べる物と家族があれば私たちは生きていけると…。

そうかもしれない、

生活を豊かにするためにと

人は生産し消費し続けているのかもしれない。

 

という私も広告を生業にしているので、

その活性化の歯車になっているのかもしれない。

 

あかりは文化。いろいろと考えさせられる話です。

 

 

0 コメント

企業力は情報発信力003


 

3. 企業にとっての情報発信  



選ばれる理由?(分析1)

企業が情報発信をする場合には、

なぜ、自分たちが生き残れているのか? 

なぜ、仕事が発生しているのかを考えれば

「選ばれてる」という理由がわかります。

 

その理由を考えることが、

多くの人に知っていただくために必要な情報だと思います。

 

商品であれば他社と差別化された商品力。

サービスであれば他社にまけないホスピタリティといった違い。

他社との差別化がされているから選ばれる。

価格が安いのだって差別化です。

 

企業が生き残るには、やはり理由があります。

理由の棚卸ししてみてください。

 

 

 

差別化されていますか?(分析2)

同じ商品が並んだ場合、どちらがいいか悩んだ事はありませんか。

 

電気屋さんでA社とB社の洗濯機どちらが良いのか?

店員さんに聞くとそう大きな違いはありませんが、

取り出し口が上にあって使いやすいかどうかの違いです。

 

なんて返事が返ってきたりします。

でも、この高さの違いは主婦にとっては大きな違い。

腰を曲げるか曲げないかで負担が違ってきます。

使う人の立場に立った商品こそ差別化された商品です。

 

ブランドの服はとってもオシャレで

着ている人をキレイに見せてくれます。

価格は高いし、窮屈で一日着ているのには結構忍耐も必要です。

ファッションは忍耐といった人もいましたが…。

 

これも差別化です。

高いお金を払って、さらに我慢までして着てくれる。

 

人にほめられることが、自分の満足感を満たすからです。

差別化されていることもコンテンツになります。

 

 

 

強み弱みを見極める(分析3)

企業それぞれに強みと弱みがあります。

SWOTなどの企業分析をすることで導くことができます。

やられた方も多いのではないでしょうか。

 

強みは最大の武器に。

弱みは力を注ぐかどうか考えるべきです。

 

優れているところを延ばす方が、

より他社との差別化がはっきりします。

 

人間の育成も同じです。

悪いところだけ直そうとせず、

強みを鍛えてあげる方が会社にとってのメリットが大きい。

 

どちらも均一に伸ばそうとするのはどうか? 

選択と集中が必要です。

 

強みを武器に情報コンテンツを作ります。

 

 

 


0 コメント

おかげさまで4周年。面白い時代になる??

 

時がたつのは早いことで、

ついこの間、3周年と思っていましたが

1年経っていたようです。

 

若い頃の1年は早いと感じていましたが

年を取ってからの1年も早く感じます。

 

ホームページを始めたのもちょうど1年前。

実験的にいろいろな情報を載せ

解析ツールで1年間見続けました。

 

結果として、人は興味のあること以外

全く気にしない!

偶然見つけられると言うことはあるが

意図して見つけさせる様にしないと

訪れてもらえないこと。

 

次の1年は、また違ったカタチで実験をしていこうと思います。

ある日突然ホームページが変わっているかもしれません。

 

ほぼこの1ヶ月ほど更新をほとんどしていません。

一気に読者数が減っていきます。

間違いなく、積み重ねが重要なジャンルです。

 

 

私が、デザイナーになって25年でもある今年。

デザイナーの役割もどんどん変わってきました。

これから5年くらいでどんどん変わってくると思います。

 

デジタル? 

いや、コミュニケーションの時代に

突入するのではないかと思います。

 

つながることの重要さを思い知らされた

年だと思いますが。

 

 

0 コメント

Dropboxを使ってみた!

 

iPhone4を使い始めて10ヶ月と27日目。

 

何とほぼ11ヶ月たっていました。

いろんな事が起こりましたが

まだまだ使いこなしていません。

 

クラウド時代といえばやはり、

データはどこか別の場所。

会社のデスクトップにしかデータがいないなんて…。

 

と思いDropboxにチャレンジ。

iPhoneと自宅のPCにインストール完了。

 

会社のPCにもインストール完了。

カンタンに2GBのサーバーを無料でゲット。

 

さっそく、仕事で動きそうな案件を

Dropboxにコピー。

容量は500MB。

 

いつまでたっても完了しない?

 

どうやら大容量には時間がかかるようだ。

2MBのPDFを入れると20秒くらいでOKになる。

 

と言うことは、

500÷2=250

250×20÷60=83分かかることになる。

 

単純ではないと思うが。

 

USBメモリーにコピーすると2分。

 

われわれのような大容量のデータを必要とする

業種には向かないようです。

残念。

 

まだまだUSBメモリーがメインツールですね。

 


0 コメント

企業力は情報発信力002

情報発信スタイルは?

 

webマガジンってなんですか?(スタイル)


私が今までお手伝いしてきた

「むらかみ観光サイトsake3.com」

「食と観光のサイト うぇる米魚沼」

webマガジンというスタイルで作られたホームページです。

 

観光のホームページというと、

観光パンフレットのデータやイベント告知を

載せただけの物が多く見られます。

 

ネットでもパンフレット情報が確認できるようにしたメディアになります。

現地で見つけるメディアとしてパンフレットがある。

事前に調べられることのできるパンフレット代わりのホームページ。

 

webマガジンはマガジンと名が付くとおり雑誌です。

ネットを使った雑誌です。

ただ違うのが、紙の雑誌は月刊であったり、

週刊であったりとサイクルが決まっていますがそれがない。

 

コンテンツごとにサイクルを変えられる。

さらに、情報をデータベースに貯められるメリットがあります。

常に情報の更新を続けることで

紙の雑誌と同じように読者を持つことができます。

ほとんど更新されないホームページは

リピートする意味がありませんので

読者はつきにくいものです。

 

企業情報発信スタイルも

この手法を使って行うことができます。

見せ方やコンテンツが変わるだけで本質は全く変わりません。

 

 

情報編集って何?(方法)

 

さあ、webマガジンをやりましょうといって

すぐできる物ではありません。

どんな情報を提供するのか? 

どんなターゲットに向けて情報を発信するのか? 

 

目的によっても全く中身が変わってきます。

情報編集とは、どんな情報をどんな風に整理、

加工して伝えるかという企画段階の手段のコトです。

 

どんなに小さなサイトでも

ここをしっかり考えないとなかなか目的に到達しません。

 

最初は「目的」「ターゲット」「未来」を考えて情報編集を行う必要があります。

 


情報発信スタイル(媒体)

 

目的に合わせていろいろな媒体があります。

最近は無料のHPまで登場しました。

 

SNS(Facebook、Twitterなど)が大変注目されていますが、

それぞれに一長一短があります。

主に集客用のサブツールとして使われることも多いようです。

目的に合わせて使うことをオススメします。

 

ブログは個人情報発信用として、

HPの代わりに利用される場合もあり非常に便利な媒体です。

 

必要な媒体を目的に合わせてご利用ください。

 

 

 


0 コメント

企業力は情報発信力001

1 .情報って何?

 

いきなりですが、好きな情報は何ですか?

 

あなたは習慣的にわざわざ見ているメディアは何ですか? 

とお聞きするのが一番分かりやすいと思います。

 

たとえば、新聞、TVのニュース、

それぞれ、日常的に見続けている媒体があると思います。

 

私でしたら、毎朝新聞を見る。

パソコンでTwitterとRSSしているブログなどをチェックします。

 

この一つひとつがメディアであり、情報です。

考えてみると多くのメディアの為に毎日時間を使っています。

新聞を読む、テレビニュースなどを見る。

 

時間にして、毎日1時間以上は使っていると思います。

これが情報発信された情報です。

 

 

どんな内容の情報が入っていますか?


あなたが毎日見ているメディアには、どんな情報が入っていますか? 

と聞けばたいがいの人は経済や社会問題など

日常的に必要な情報と仕事の役に立つ情報と趣味の情報といった所。

 

専門分野であればかなり特殊な情報。

 

趣味であれば自分の楽しみのための情報。

 

経済であれば、自分の仕事と関係のある情報や、

仕事に生かせる市場の動きはないか? 

 

と言った自分に必要な情報です。

 

 

どんなサイクルで見ますか?


人は自分に必要な情報を求めています。

見つけた場合はどのサイクルで見ることができるか確認します。

 

新聞なら毎日届けられるので見る時間だけを決めれば習慣化できます。

朝見る人、夜帰ってから見る人。

会社で見る人もいるかもしれません。

 

ニュースやブログ等であればパソコンからRSSして見ていることでしょう。

皆さんはいつの間にか情報発信された、

それぞれの専門的情報を読んでいます。

 

そして、習慣化して蓄積しています。

 

 

情報ってつまり?


情報とは、人の役に立つ専門的や

ポピュラリティのある話題など、

興味をかき立て、分かりやすく、

ターゲットに向けて情報発信された情報のコトです。

 

皆さんも、仕事をされている以上、何かのプロだと思います。

専門家であれば、自分の仕事や、

作っている商品については誰よりも詳しく知っています。

開発秘話から販売の結果まで、

ありとあらゆる情報をお持ちです。

 

自分の専門分野であれば、皆さんもいつでも情報発信できると言うことです。

の情報発信のプロレベルを発信しなさいと言う意味ではありませんので…。

 

 

 


0 コメント

新潟で、いもとようこ絵本原画展!

 

週末、事務所のある万代島ビルへやってくると

小さな子どもを連れたファミリーを多く見かける。

ベビーカーやだっこするような小さな子どもを連れた家族。

 

2週連続で見かけるので、何があるのかなーと思ったら

「いもとようこ絵本原画展」が新潟県立美術館で開催されている。

 

子どもが見ると言うより大人が見ているのでは?

とお思ったりする。

 

わが家はすでに19歳と23歳、絵本とは無縁の生活!

子どもが小さい頃、絵本を買ったことを思い出す。

 

いもとようこさんを調べると日本の絵本作家とある。

ホームページには多くの、見たことのある絵本が並んでいる。

出版された絵本は300冊以上だとか。

 

6月19日までやっているようだ。

朱鷺メッセの5階でやっているので

展望室のついでによってもいいですね。

 

 


0 コメント

新潟市内で観光と美味しいラーメンはいかが!

 

ベルクールです。

今日、GWのまっただ中とても良い天気です。

 

写真は朱鷺メッセからの景色です。

前回も31階からの景色がすばらしいとご紹介したのも

私の事務所がこの中にある空です。

 

毎日通っていると夕日の美しさを実感します。

 

さて、今日は事務所に来る途中も何台も県外ナンバーのクルマを見かけました。

朱鷺メッセの方へ向かっているクルマもありました。

 

 

 

せっかく新潟においで頂いたのなら

是非美味しいラーメンを食べていって欲しいですね。

 

新潟は昔、4大ラーメン。

現在三条のカレーラーメンが入って5大ラーメンが有名です。

 

濃厚味噌、生姜醤油、あっさり鶏がら、大油の極太麺。

そしてカレーラーメンで5大ラーメンです。

 

ただ私も全て食べているわけではありませんので

私の大好きなお店を紹介します。

 

すみませんが急遽思いついたので

写真はありません。

 

今はネットでもケータイでもすぐに場所を調べられるので

お店の名前をご紹介します。

 

◎大江戸 県庁前店

 ここは新潟ラーメンではなく秋田ラーメンですが、新潟と秋田しかありませんので

 ご紹介します。

 オススメは1.醤油ラーメン 2.冷やし中華 3.塩タン麺 4.やきそば

 味噌もありますが私はあまり好きではありません。

 醤油と冷やしには辛みが入ります。苦手な方はパスできます。でもコレが上手い。

 私は大江戸歴30年になります。

 

◎東横 笹口 紫竹山 愛宕(5大ラーメンの濃厚味噌)

 人気の味噌ラーメンの店です。東横歴も28年になります。

 割スープがでてくる濃厚味噌が有名です。

 オススメは1.味噌ラーメン 2.野菜味噌ラーメンです。

 各店味にばらつきがありませんのでどこでも大丈夫です。

 

◎広来飯店 駅南店

 ジャンルで言うと中国料理です。ラーメン屋さんではありませんが最高です。

 何を食べても美味しいです。私の広来飯店歴17年になります。

 オススメは1.エビそば 2.五目そば 3.担々麺 4.ラーメン

 

◎だるまや女池店

 こちらも5大ラーメンの大油系のこってりラーメンです。

 油に弱い方はちょっと難しいかも…。その場合はグループの孔明が良いかも。

 オススメは1.味噌ラーメン 2.だるまラーメン

 ここのすごいのは常に進化し続けること。ちよっと前までは

 だるまがお気に入りでしたが、味噌の味がバージョンアップしたため

 1番にしました。

 

まだまだたくさんありますが今日はここまで!

私なりのベスト4です。

まずは一度おためしあれ。

 

つづく。

 

 

 


0 コメント

魚沼で見つけた美味しい20度の梅酒とは…。

 

ベルクールです。

魚沼にものすごく美味しい梅酒があるんですよ!

と「うぇる米 魚沼」の編集部のスタッフから

玉川酒造さんの「さむらい梅酒」を紹介された。

 

それも20度もあり、贈り物としてもよく使っているとか。

 

2011年5月現在名前が変わったようです。

→「越後武士 梅酒」(えちごさむらい 梅酒)

 

 

取材に行くというので同行させて頂きました。

 

酒蔵を見せて頂き、その後敷地内にある

ゆきぐらも見学させていただきました。

 

敷地内のお店で試飲コーナーがあり

さっそく試飲させて頂きました。

 

写真の右から3番目です。

編集部おすすめとあってさすがのお味です。

お酒の好きな方ならストレートで飲んでいただきたいですね。

 

帰りに3本買って帰りましたが

我が家はほとんど娘に飲まれてしまいました。

酒好きの友人2人もあっという間に飲みきったとか。

 

女性に大人気です。

でも20度ですから飲み過ぎに注意ですよ。

梅酒のブランデーのような感じでしょうか。

 

・詳しい情報は「うぇる米 魚沼」編集部記事をどうぞ!

 http://www.welcome-uonuma.com/contents278.html

 

・魚沼の食と観光サイト「うぇるコメ米 魚沼webマガジン」

 http://www.welcome-uonuma.com/

 

※工場見学は事前予約が必要です。

 

 

 

 


0 コメント

iPhoneでちょっと怖いお話し!

 

iPhone使い始めて9ヶ月と28日。

ベルクールです。

 

ちょっと怖いと言うより、かなり怖いです。

 

iPhoneで電話をした後に「終了」を押したつもりが

終了していない場合があります。

 

そのままにしておくと「留守電機能」が動き

会話が録音状態になります。

 

数十分の記録後終了。

 

メチャ怖いです。

 

電話の後は確実に切れているか

確認が重要です。

アイフォンの場合!!

 

 


0 コメント

新潟市観光なら、まずは朱鷺メッセへ!

 

新潟市にやってきませんか?

ベルクールです。

 

新潟市は明治維新直前の日米修好通商条約により

開港五港の一つであったことなど日本海側の重要港として栄えてきました。

 

新潟市内は東京から新幹線で2時間位。

福岡や札幌からでも飛行機で1時間30分位です。

結構近くて交通の便もいい。

 

新潟市での楽しみ方は、

◎美しい景色を見る

◎歴史を味わう

◎美味しい酒と料理とラーメンを楽しむ

 

最初に訪れて欲しいのは「朱鷺メッセ」

31階建てのビルとイベントスペースの建物で構成されている

シンボルタワーの様な場所です。

 

その31階建てのビルの31階が無料展望スペースになっています。

お金がかかると思っている人もいるようですが無料です。

 

 

 

ほぼ360度の景色を見ることができます。

目の前には日本一の信濃川、その河口には佐渡汽船と

その向こうに北海道へ行く新日本海フェリーかせ見えます。

さらに運が良ければ「粟島」も見えます。

 

 

向こうに粟島が見えます。年に数度しか見えません。

 

新潟島です。海の向こうが朱鷺のいる佐渡です。

 

 

信濃川の向こうは新潟島と呼ばれる地域で

上から見ると分かりますが川に囲まれた島になっています。

 

その向こうには佐渡が横たわっています。

口角で撮影しているので小さく見えますが実際ははっきり大きく見えます。

 

 

 

 

さらに左を見ればパワースポットの弥彦神社のある弥彦山。

そのまわりに新潟平野が見渡せます。

 

ここへ来れば新潟市がどんなに自然と一体となった街か

おわかり頂けると思います。

 

夕方に来られると佐渡に沈む夕日を見ることができます。

晴れていて、佐渡が見えている日は最高です。

ほとんど無料でこの景色を堪能してください。

 

全国的に有名な「新潟酒の陣」はこのイベントスペースの

コンベンションホールで毎年行われています。(2011年は震災翌日のため中止)

 

◎交通機関

 新潟駅からはバスで「犬夜叉号」で10分くらい

 クルマで来られた方は近くに有料駐車場があります。(1時間無料)

 

◎その他観光オススメ新潟情報は!

 ・新潟遺産

 ・むらかみ観光webマガジン

 ・うぇる米魚沼  食・観光webマガジン

 

 

朱鷺メッセmap


0 コメント

祝 ドリーム カム トゥルー!!

 

こんにちはベルクールです。

歌手の「ドリカム」のコトではありません。

 

夢をかなえた男の話です。

 

夢をかなえるには、まずその夢を人に話すこと。

よく起業家達にむけた書籍で語られます。

 

この方はずーと語り続けてきました。

そして、昨日ついに夢を実現しました。

 

おめでとうございます。

 

ドリーム カム トゥルー!

昔、ホンダがNSXというスーパーカーを

作ったときの広告のコピーがコレでした。

 

本田宗一郎さんがまだ生きていたときです。

白バックに車体のみが置かれ

英語で「Dream Come True」とだけ書かれていました。

 

これ以上語ることができない。

究極の言葉。

 

クルマの好きな方に捧げる

ホンダがやってくれたと

言える広告だったと思います。

 

広告は、新規ユーザーだけでなく

既存ユーザーの満足度も上げるもの

でなくてはなりません。

 

とりあえずKさんおめでとうございます。

これからの活躍をお祈りいたします。

 

 


0 コメント

村上市にとって鮭の放流は文化です。

 

この写真は3月に村上観光協会さんで

私が撮影した鮭の稚魚たちです。

 

最初はいくらの上に乗ったメダカみたいでした。

現在は7cmくらいあるのでしょうか。

 

この場所でふ化し、むらかみ web マガジン「 sake3.com

の“ちと”さんが育てました。

 

何度もいろんな試練を乗り越えて

回帰率1%の我が子を育てました。

 

そして、4月15日ついに放流の日を迎えました。

あれから1週間たちましたが

今頃どこにいるんでしょうね。

 

◎詳しい情報は

むらかみ web マガジン「 sake3.com 」

イヨボヤ日記

 

 


0 コメント

つなぐの相馬理恵さん、新作 飲むアップルパイ???

 

ベルクールです。

つなぐの相馬理恵さんから夏の試作

りんご米あめ生姜を頂きました。

 

切ったりんごがたっぷり入っていて

アップルパイを飲んでいる感じです。

 

生姜の入れ方を変えたそうです。

 

ジャムシリーズとはまた違った

生姜シリーズのりんごかな?

 

ホットで頂きましたが

夏は、冷たくしてもいいかも?

 

夏に発売予定だそうです。

 

ごちそうさま。

 

 


0 コメント

相馬理恵さんの「飲む米あめ生姜」!

どんびえ足に効果!

 

ベルクールです。

今回「つなぐさんの飲む米あめ生姜」を特集しました。

 

冷えてる女性にどれだけ効果があるのか?

私の娘で実験です。

 

毎日足が冷たくて眠れない日もあると言っていた22歳の娘。

本当に氷のような足です。

こたつに入ると絶対ふれたくない足です。

 

早速、朝と夜寝る前にお湯に溶かして飲ませました。

 

2〜3日続ける内に足がほかほかに!

本人もビックリです。

 

いつも体温の高い私には分からない悩みです。

 

相馬理恵さんの「にいがた温め美人」のコンセプトどおりの商品ですね。

 

こないだ、相馬さんに夕方1杯頂きましたが

夕方から元気になってしまいました。

体の活力を上げるげるようですね。

 

クスリではないので効き方は人それぞれかもしれませんが

生姜と米あめは体いいですね。

 

にいがた温め美人「飲む米あめ生姜」とは?

 

にいがた温め美人の「つなぐ工房見学」! 

 

にいがた温め美人 飲む米あめシリーズ!


 


 


0 コメント

「城下町村上・町屋のてっぱん雑煮」が食べたい!

 

ベルクールです。

今年1月に村上駅近くの「割烹 味作」で食べた

「城下町村上・町屋のてっぱん雑煮」が無性に

食べたくなってきた。

 

2011年の「第7回城下町しばた全国雑煮合戦」の

グランプリを獲得した逸品。

 

かりかりの鳥と餅とだしの相性が最高なんです。

あのかりかりをもう一度。

確か600円だと思いますが、要予約です。

 

まだ食べられると思いましたが。(2011年4月18日現在)

 

人形さまはもう終わってしまったけど、夏頃まで高速料金は無料です。

 

GWにでも行こうかな?

 

詳しい場所はこちら

http://www.sake3.com/spot138.html

 

 


0 コメント

魚沼市で雪のバームクーヘン!

さて、コレは何でしょう?

 

ベルクールです。

 

魚沼市のあちこちで見かけた

これは何でしょう?

といってもどー見ても雪ですが

地層になってます。

 

新潟市内などは雪がそんなに降らないので

地層になることはありません。

 

しかし、今年ニュースで騒がれた魚沼市は毎日のように

50cm以上の積雪がありました。

結果として4mをこえました。

 

たぶんそのせいでこんなバームクーヘンの様な模様になったのかと思います。

 

 

 

地元の人に聞くと、報道では4mになっていますが

計測している場所が4mで

部落によっては5mをこえていたそうです。

 

こんな地層を見たい方は

日本の豪雪地帯“魚沼市”で見ることができます。

 

5月頃まで?

 

 

 

この写真が、湯之谷地区へ行ったときの

398cmになった日の写真です。

 

曲がり角が見えません。

でも、除雪はいいので道路は安心です。

 

今がだいたい半分の2m位です。

 

この雪があるので魚沼は美味しい米と野菜が育ちます。

そばもありました。

 

GWはそばと山菜の天ぷら

いいですよね。

 

 

0 コメント

HOPE JAPAN

HOPE JAPAN いいですね。

 

「H.I.Sパリ支店の日記」で

 

パリで日本を応援するイベントの

 

ポスターが地下鉄に貼られています。

 

海外の人の表現する日本っていいですね。

 

こちらでご覧頂けます。

http://ameblo.jp/his-paris/entry-10851799489.html

 

HOPE JAPANポスター。

 

私もHOPE JAPANポスター作ってみようかな?

 

ネットでしか公開できませんが。

 

人のこころに届くコミュニケーションデザイン。

 

誰か一緒に作らないかなー!!

 

 

 

 


0 コメント

サントリーさんちょっといいですね!

SUNRORY

 

こんにちはベルクールです。

 

最近サントリーの広告ちょっと感動しませんか?

 

広告のジャンルで言うと「企業広告」です。

商品がまったくででこない。

企業のメッセージとして、姿勢としての発信。

 

坂本 九の「上を向いて歩こう」「見上げてごらん夜の星」

総勢71名が参加されたそうです。

 

ホームページでシリーズを見る事ができます。

http://www.suntory.co.jp/enjoy/movie/d_s/880953901001.html

 

 

20年前に福岡でグラフィックデザイナーをしていた頃の話です。

その頃は、流通と情報誌の仕事をしていました。

仕事が終わると、アートディレクター、デザイナー、

コピーライター達とよく飲みにいきました。

 

先輩達はカラオケが大好きで。

その時に、アートディレクターの寺沢先輩がかならず

「上をむいて歩こう」を歌っていました。

良い歌だなーとは思っていましたが

その当時はまだ20代でしたから

昔の人の歌。

懐メロのようにしか感じていませんでしたが。

 

今、再びこの歌を聞くと、この歌詞のすばらしさを感じます。

年をとったのでしょうか。

とってもジーンとしてきます。

 

この詩は確か、永六輔さん。

名曲を多く作られています。

 

坂本九さんは飛行機事故でなくなりましたが

この歌は永遠ですね。

 

企業発進力。

この歌を選んだ事が人の心を打ちましたね。

 

もう一度聞いてみませんか?

 

http://www.suntory.co.jp/enjoy/movie/d_s/880953901001.html

 

0 コメント

iPhone用ツイッターアプリがありました。

 

iPhone4使い始めて8ヶ月と30日目。

ベルクールです。

 

前回、ツイッターが使いずらいと行ってしまったことを後悔しております。

googleで検索し、トップ画面ブックマークしていたのはPC用。

 

TwitterのiPhone用アプリがありました。(無料)

よく見たらツイッター表示中に上にiPhone用アプリのコメントがありました。

 

これで、前回の様なスクロール中に何処かへ飛んでいったりしません。

 

お恥ずかしい。

 

・前回のお話し

iPhoneのバッテリー問題解決!

 


0 コメント

岩船の島田パンのあん生パン

 

こんにちはベルクールです。

 

sake3.com 編集部の「流」さんから

岩船漁港近くのしまだパンの「あん生パン」をいただいた。

 

村上っ子に人気だとか。

しまだパンと言えば「あん生パン」だそうだ。

地元グルメですね。

 

たぶん私が生粋のあんパン大好き人間であることを知らない。

 

仕事が忙しいときはあんパンとグレープジュースをコンビニで買い

血糖値を上げる目的とすぐ食べられて腹持ちの良さもあって

あんパンは忙しいときの救世主です。

 

 

 

食べてビックリ

あんだけかと思ったら

たっぷりのクリームが入っている。

 

二つのハーモニーが最高。

ちょつと言い方古いですね。

 

家に持って帰って

長女にあんパン食べないと聞く

「あんはダメ。にがてです」。と

 

次にかみさんに聞くと

「クリームはダメ。にがて」。と

そういえばケーキ食べないんだ。

 

結局、私とばーさんで

食べました。

 

ごちそうさま。

 

 

 


イタリアの旅、またいつか出会うまで!(最終回)

 

イタリア ヴァチカンからボンジョルノ。
ベルクールです。

イタリアの旅、ついに最終回。
サン・ピエトロ大聖堂に入ります。

 

 

 

 

ものすごい広さです。
いったい何人入れるのか?

さすがカトリックの総本山。
349年に建造され、現在の建物は1626年に完成したそうです。
荘厳な雰囲気に感動です。

 

 

 

ここでの必見は
前回ご案内したミケランジェロ作「ピエタ像」です。
死んだキリストを抱くマリアの彫刻です。

23歳の作品といいますから驚きです。
ミケランジェロは本来彫刻の人です。

回りの嫉妬から無理矢理「最後の審判」を作ることになったとか。
でも、すばらしい作品を描き上げたのですからさすがです。

 

 



作品という言い方は違うかもしれませんね。

 

奥にすすむと
クーポラの下に大天蓋があります。

1633年ベルニーニ作のブロンズ製です。
教皇の祭壇を覆う大天蓋。

 

 

 

 

とても370年前の作品とは思えません。

ヴァチカンがこんなにすごいとは思いませんでした。
来てみなければ分からないことたくさんあります。

 

 

 

 

天蓋の天井をご覧ください。
光が差し込んでいます。
これだけでも感動です。

 

 

 

 

サン・ピエトロ大聖堂は撮影OKです。
この絵はストロボもOKです。
なぜかというと、この絵はガラスの粉で描かれています。

劣化しないのでOKなのです。
いつまでも美しいまま後生に残る絵。
さすがです。

 

 

 

 

広場へ出て来ました。
ここもものすごい広さです。

 

 

 

 

ヴァチカンはヨハネ・パウロ2世のあと
2005年からベネディクト16世が教皇となっているのは
ご存じのとおり。

彼の仕事場が写真の左の宮殿の最上階の右から2つめの窓だそうです。
ここから姿をみせてくれることもあるとか。

 

 

 

 

外に出ました。
といっても大きな門をくぐることなく外に出ます。
この歩道はもう外です。

ついにイタリアの旅が終了しました。
初めてのイタリアの旅は美味しい物、世界遺産を巡る旅。
いろんな方に助けられてこの旅が終わりを迎えました。

トリノに入り、ミラノ、ヴェネツィア、フィレンツェ、ローマ、
そして、ヴァチカンとめぐった旅。

長かったような、あっという間だった様な
いろんな思い出がよみがえります。

今回撮影したのが約2000枚。
重いといいながら一眼カメラを担いで撮影しました。

毎夜、地元人気のお店を回り美味しい物をたくさんいただきました。
次回はまた違ったイタリアの旅したいですね。

 

 

 


0 コメント

ついにヴァチカンでミケランジェロ「最後の審判」。

 

イタリア ヴァチカンからボンジョルノ。
ベルクールです。

ついに、ついにですよ…。
システィーナ礼拝堂にあるミケランジェロ作「最後の審判」に向かいます。

 

 

 

 

ここからサン・ピエトロ大聖堂の方へ
まっすぐ長い廊下を歩いて行きます。
全体で7kmの移動があるそうなので。

 

ここまでの道のりで2kmくらいでしょうか。

 

 

 

 

 

廊下には布に刺繍された宗教画があります。
時折修復するそうですが気が遠くなりそうですね。

 

 

 

 

廊下はココで終わりです。
ここから下にくだると絵のあるシスティーナ礼拝堂です。

残念ですが写真が撮れません。
言葉だけでお楽しみください。

入口を入るとそこは祭壇で壁全てに「最後の審判」が描かれていますので
少し先に行きセンターで正面を向き絵の全体を見ます。

でかい!!

天井は吹き抜けで3階くらいまでの高さがあります。
絵は400人以上が描かれ
右側には地獄へ落とされる人
左側には天国へ乗る人が描かれています。

黙示録に記された「世界の終わりにキリストが君臨し、あらゆる人々を裁く」。

今回の旅のほとんどが宗教画。
されど、その最高傑作のひとつ「最後の審判」と「最後の晩餐」
ミケランジェロかダ・ヴィンチか?

どちらも最高傑作ですね。


天井画も描かれているので
こちらも必見です。

今回は写真が撮れないところも多かったので
じっくりと心に焼き付けました。
写真は記録に残りますが
心に残りにくいのかもしれません。

本物を見ると言うことは
本物に近づく?
そんな気がしました。

 

 

 

 

サン・ピエトロ広場の方へ移動です。
途中に一般の人がはいれない通路があります。

教皇さんとかが通る階段です。
写真だけパチリ。

 

 

 

 

外に出てきました。
もうすぐ広場です。

 

 

 

 

スイス人の衛兵さんです。
ガイドさんはイケメンなので大好きです。
こころは少女ですね!!

 

 

 

 

ついに広場へ到着です。
イタリアの旅、最後の目的地「サン・ピエトロ大聖堂」の見学です。

つづく。

 

 

 


0 コメント

村上市岩船で、フナベタを食べた!

 

昨日はsake3.comの編集メンバーと

村上市岩船漁港の近くでランチです。

 

お刺身定食で「ふなべた」を頂きました。

 

 

 

「フナベタ」と「甘えび」です。

「フナベタ」とは船の底の事だそうです。

もともと雑魚で船の底にへばり着いていたことから

そうよばれているらしい???

 

◎「イヨボヤージュ」という

 村上・岩船エリアのパンフレットによると

 

美味しい時期は通年。

砂泥域に棲むヒラメの仲間。和名はタマガンゾウビラメというが、

このエリアではコシワやバクチ、フナベタなどと呼ばれている。

その薄い魚体から丁寧にとった刺身は

淡泊ながら旨みと歯ごたえがあり、

ヒラメの味に勝る。

骨は干してから焼いたり揚げたりして骨せんべいにして食べる。

 

と有ります。

 

スーパーでは売っていません。

そんなに取れないためです。

 

新潟市内でも限られた魚屋さんでしか

手に入りません。

 

その「フナベタ」をお昼の定食で頂けるとは

なんという幸運でしょうか。

 

量が少なそうに見えますが

もの凄い数が積み重なっています。

 

満足。満足。

 

場所は岩船港近くの定食屋さんです。

 

 

 

メニュー見えますか?

拡大してみてください。

 

700円です。

隣で副編集長が煮魚定食(赤魚)を食べている。

美味しそうです。

 

編集長はこの店一番人気の「ラーメン定食」を食べています。

とっても懐かしい味だそうです。

 

次回は、「ラーメン定食」だな。

 

 

 

 


0 コメント

広域関東地域パートナーシップに紹介されました!

ベルクールです。

 

広域関東地域パートナーシップのホームページに

むらかみ観光サイト「sake3.com」webマガジンが紹介されました。

 

情報発信と言うのは一人ではできません。

ましてやシステム作りも同じこと。

今回の事例でも多くの方がかかわり

役割を分担することで

効率よく作業が進んだいい例だと思います。

 

編集作業も村上市の多くの情報を処理するには

多くの編集部員が必要でした。

 

編集部作りにも編集長や副編集長、編集部員といった

役割をそれぞれが分担して行います。

 

情報発信するためにはシステムやハードが有ればできるわけではなく

その先の未来の為にやり尽くす意気込みを持った多くのメンバーの意志が必要です。

 

私はあくまで編集方法や

コンテンツの導き方を指導するだけ。

 

成功するかどうかはメンバー次第と言うことです。

 

何をもって成功とするかはそれそれかと思いますが。

 


0 コメント

iPhoneのバッテリー問題解決!

 

 

 

iPhone4 使い始めて8ヶ月と17日目。

ベルクールです。

 

なかなか使いこなせていないアイフォン。

ようやくツイッターも使えるようにしましたが

見ている最中に間違ってリツイートしてしまったり。

ふれただけで何処かへ飛んでいってしまう。

まだまだ使いこなせていないなー。

 

 

iPhone充電用の機器「enelop」購入しました。

何度かバッテリー切れを経験して

ようやくです。

 

特に冬は、バッテリーの消耗が早く

まだ大丈夫かな? と思っていると

外で冷えたとたんに残量減。

 

バッテリーは寒さに弱いので

しょうがないが、かなり厳しい。

 

何か良い物がないかなーと思っていたら

Hさんから教えていただきました。

「enelop」(パナソニック)

 

電気屋さんで購入できるので

とっても便利です。

 

初めての充電を先ほど終えました。

何回も充電できるわけでは有りませんが

緊急用としては十分です。

 

あとは、「enelop」の充電を忘れないことですね。

 

 

0 コメント

計画停電により営業時間を短縮いたします。

計画停電予定

 

期 間/3月18日(金)

日 時/17時〜20時

 

計画停電の予定発表が有りました。

まだ暫定的な発表のためあくまでも予定ですが

この営業期間は16時30分から臨時休業いたしますので

ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

 

ベルクール代表

小池 伸一

 

 

0 コメント

カンタン美味しい料亭の味おにぎり!

 

 

 

もっとも少ない素材で美味しい食べ物。

 

そうです「おにぎり」です。

シンプルに考えれば「塩」とごはん。

 

美味しい米とごはんが一番美味しいかもしれません。

 

プラスワンで海苔を変えると、料亭の味に変わります。

 

今回使用したのは村上市山北地域で取れた「岩のり」です。

 

 

 

この岩のりは「道の駅 笹川流れ 夕日会館」で手に入ります。

地元のおばちゃんの手摘みです。

 

 

 

◎作り方

 

海苔を開いて1個あたり1/4くらいにちぎり

皿に、醤油をいれさっとくぐらすか

はけがあればさっとぬってください。

 

すぐにあつあつのおにぎりに巻きます。

 

キレイに巻くには

部分的に切り込みをいれて

おにぎりの形に添って巻きます。

 

「岩のり」はちよっと堅いので

蒸らしてください。

 

一番良いのは、アルミホイルにくるんで

5分くらい蒸らします。

 

そのまましばらく置いていても大丈夫ですが。

 

ご飯の熱で醤油がしみた海苔が柔らかくなればOKです。

 

料亭の味のおにぎりが完成です。

 

 

 

インスタント味噌汁と一緒に頂きました。

 

この「岩のり」は味噌汁にちぎって入れても美味しいそうです。

 

ごちそうさま。

 

 

0 コメント

お見舞い申し上げます!!

大地震と津波により

被害を受けた方々にこころよりお見舞い申し上げます。

またまだ、余震も収まりません。

一刻も早い復興をお祈りいたします。


ベルクール代表

小池 伸一

 

 

0 コメント

イタリア ヴァチカンで世界最大「松ぼっくり」でビックリ!

 

 

 

イタリア ローマというよりヴァチカンからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

現在はまだローマですが。

ヴァチカンのそばに到着です。

 

また歩いてヴァチカンに入ります。

といってももう外壁に着いています。

 

正面?入口へ向かいます。

 

 

 

ここがもともとの入口で

この左手の新しい入口から入ります。

 

入口は予約者と当日で別れています。

 

私は予約組なのですいすいです。

 

セキュリティチェックを受け

中で事前にガイドさんから

説明を受け中に入ります。

 

 

 

ピーニャの中庭にはに入りました。

サッカー場の様な広さです。

 

ここでサッカーしたらすごいでしょうね。

ヴァチカンカップとか?

 

ここで再びガイドさんの説明を受けます。

 

なかなか美術館には入れません。

「最後の審判」を見るときは中で説明ができないため

事前に説明を受けてから中に入ります。

 

説明を聞いている間、気になっているのが

丸いオブジェです。

 

それもゆっくり回っています。

 

 

 

 

 

 

アルナルドさんが作った「Sfere con Sfera」という

フロンズ製のオブジェです。

 

保守的なカトリックの総本山のヴァチカンは

絶対にないと思っていた現代アート。

 

あるんですね。

 

ヴァチカンは懐が深いのか??

 

 

 

球のなかに球がある。

 

とっても魅力的なオブジェです。

 

 

 

まだ有りました。

今度は1〜2世紀ごろの松ぼっくり。

 

世界最大です。

 

 

 

発掘されたモノだそうです。

 

何のためにこんな大きな松ぼっくりを作ったのか?

 

上に穴が空いているので

噴水として使われていたようです。

 

今か1800年以上も前にって

考えられます?

 

ヴァチカンっておもしろですよ。

 

つづく。

 

 

0 コメント

ローマの市場にちよっと寄り道!

 

 

 

イタリア ローマからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

バスのいる所まで歩いていきます。

途中市場を通って行くようです。

 

ちょっと寄り道です。

 

 

 

ここはチーズとパンが売ってます。

昔ながら接客による販売です。

 

そー言えば、ローマで

スーパーって見ませんね。

 

いまでもこーいった対面販売が主流なのでしょうか。

なんかとってもあったかい感じがします。

 

チーズはどれがおすすめですか?

 

 

 

 

パンだけかと思ったら

ピザも売っています。

 

積み重ねられるのは

日本とは違った感じですね。

 

 

 

 

 

この市場にはいろんな食材が売っています。

 

日本と同じような食材もあります。

 

 

 

 

このトマト美味しそうです。

 

ガイドさんにさわっちゃダメよ!!

お店の人に怒られるわよ!!

 

さわって選ばないのがイタリア流なんですね。

 

 

 

野菜はすぐ調理できるように

刻んだモノもあります。

 

働く女性も多いので

ニーズに合わせているそうです。

 

 

 

なかなかバスに乗れません。

 

でも、この回り道が楽しいですね。

 

ようやくバスに乗り込みました。

 

ヴァチカンへ向かいます。

 

つづく。

 

 


 

 

0 コメント

イタリア ローマでランチ、みんな急ぎ足です!

 

 

 

イタリア ローマからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

おなかが空いているのか

みんな結構早歩きです。

 

どんどん置いて行かれます。

 

 

 

写真を撮るのも止まっては撮影できません。

 

歩きながらや

時にはファインダーものぞかずに

撮影します。

 

なので時折曲がっている。

 

 

 

兵隊さん??の前に人だかりです。

みんな写真を撮っています。

 

この人達がだれだか分からず

わたしもパチリしてしまいました。

 

だれだろ!!

 

 

 

バスのいるところまで

どんどん歩きます。

 

ぶらりまち歩きです。

 

でも、この街は飽きませんね。

全て遺跡に見えてくる。

 

 

 

ようやくバスに乗り込み

パチリです。

 

ここはどこだか分かりません。

 

 

 

緊急事態発生。

 

バスが動きません。

 

50m位さきで火事です。

クルマが全く動きません。

 

関西乗りのガイドさんは

よし歩こう!!

 

みんな降りてー!!

素早い判断です。

 

誰も逆らいません。

 

 

 

歩いてお店に到着です。

 

歩きながらなので

看板ちゃんと入ってますかねー。

 

 

 

お店の中も

ファインダーのぞけません。

 

みんなまっしぐらに進みます。

 

 

 

ローマ初のランチです。

 

最初はピザです。

 

うまいのかな???

 

 

 

 

 

次に魚です。

 

やはり皿のセンターずれています。

 

イタリア流!!

 

 

 

最後のデザートです。

 

手前の私のデザートは普通に見えますが

向の席の方のデザートは私の3/2位の量です。

 

これも、イタリア流ですかね。

 

笑うしかありません。

 

ローマの食事の印象です。

 

ジェラード以外美味しいものに出会えていませんね。

お店選びでしょうか……。

 

つづく。

 

 


 

 

0 コメント

イタリア パンテオンでインベーダキャラ発見。

 

 

 

イタリア ローマからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

まだまだ進みます。

建物と建物の間に遺跡の塀がのこっています。

 

手前と向こうに実はマルーク残っています。

さすがローマ、遺跡をよけて新しい建物が立っている。

 

 

 

 

ローマで初の大道芸人??

 

でもお金を入れても動きません。

足の感じから女性だと思いますが

じっと忍耐ですね。

 

ふーーっ。

がんばれ。

こっちが見えているのかな??

 

 

ようやく「パンテオン」の後ろに到着。

もう少しです。

 

 

 

広場が見えてきました。

この横が「パンテオン」。

 

さあ、どんなカナ??

 

 

 

なんと、現在修復中でした。

 

このパンテオンは2代目で西暦128年ころに建てられたそうです。

 

 

 

 

左奥に画家であり、建築家の「ラファエロ」が眠っています。

 

 

 

天井をごらんください。

穴が空いています。

 

雨が入ってきます。

どうするのかなーと思ったら

床の真ん中にむかってくぼんでいるそうです。

真ん中のマルの中に小さい穴がいっぱいあいています。

 

なぜ、天井に穴を空けたのか?

そこも気になる??

 

穴から日差しが入りこんな姿が…。

記憶ありませんか?

 

インベーダーゲームのキャラ!!

 

でも絶対似てますよね。

 

 

 

 

 

外に出ました。

 

これからローマのランチです。

バスが待っているところまで歩きます。

 

しかし、日差しが強い!

光と影がはっきりしています。

 

つづく。

 

 


 

 

0 コメント

ローマ遺跡で見つけた、カワイイ子猫パチリ!

 

 

 

イタリア ローマからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

「パンテオン」へ向かっております。

 

もちろん、近くまではバスで行けません。

歩いて向かいます。

 

ローマは歩くと楽しい事がいっぱい。

ぶらり旅が似合う町です。

 

ほら、路面電車見つけました。

 

 

 

こんな裏路地も通って行きます。

 

 

 

遺跡発見です。

街そのものが遺跡の上にできているんでしょうね。

 

ここの住人発見?

 

子猫がたくさんひなたぼっこをしています。

 

 

 

写真を撮りたくて

ポーズをおねだりしましたが

全く無関心です。

 

 

 

正面を向いてくれるのを待ちますが

向いてくれません。

 

モデルさんこっちへ目線お願いします。

 

 

 

目線はもう少し上に

こっちへお願いします。

 

結局、目線頂けませんでした。

残念。。。

 

 

 

「パンテオン」はまだかなー。

 

つづく。

 

 


 

 

コロッセオでイタリア ローマを感じてみませんか!

 

 

 

イタリア ローマからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

バスを降りてコロッセオに向かいます。

 

道路も歩道も石畳のウエーブが何とも言えません。

 

 

 

目の前にやってきました。

 

とっても大きくて古い建物です。

 

遠くから見ているとキレイですが

近づくといたいたしい感じです。

 

 

 

ガイドさんは関西のおばちゃんという感じです。

怖いモノがありません。

 

身障者用のエレベーターで上がりましょう!

元気な方は階段でもどーぞ!!

 

2機ありましたが

新品なのに1機動きませんでした。

これもイタリア流!

 

 

 

西暦72年から300年間

ここで闘技会が行われていました。

 

とても血なまぐさい遺跡です。

当時の皇帝の権力の強さが伺えます。

 

 

 

コロッセオの隣は「フォロ・ロマーノ」です。

約1000年栄えた帝国の中心地。

 

今回は見学が予定されていませんのでここから見学です。

 

 

 

遺跡の前のお決まりの屋台です。

 

何がおすすめですか?

 

 

 

コロッセオにわかれをつげ

バスへ向かいます。

 

小さく見えますが

道路の下半分隠れています。

 

次は「パンテオン」へ向かいます。

 

つづく。

 

 


 

 

0 コメント

イタリア ローマといえばコロッセオですよね!

 

 

 

イタリア ローマからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

朝のホテル前です。

ここからバスで「コロッセオ」へ移動します。

 

やはりコンパクトカーがいっぱい走っています。

 

 

 

バスの車窓です。

どこを見ても遺跡だらけの街です。

 

ローマの偉人も見た景色を見ています。

 

 

 

日差しがとっても強いのがローマの特徴だそうです。

 

本当にまぶしい。

 

 

 

もうすぐです。

 

「コロッセオ」が見えて来ました。

ローマの休日でもアン王女がベスパの後ろに乗って

この前を通り過ぎました。

 

確か「アマルフィ」でもそんなシーンがありました。

 

 

 

日本のように観光地のそばに駐車場はありません。

 

近くの道路から歩いて向かいます。

 

つづく。


 

 

0 コメント

ローマの夕食プラスちょっといい思い出!

 

 

 

イタリア ローマからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

ローマの夕食です。

ガイドさんおすすめのお店に到着です。

 

やはり時間が早いのか私たちが一番です。

 

中は洞窟へ入ったような

アーチの付いた天井のイメージです。

 

大変です。

料理が次から次に到着。

撮影してる場合ではありません。

 

パチリ無しです。

 

一番奥の席でしたが

ちよっと会話が弾み

回りはカップルが多かったのに

ご迷惑をかけてしまいました。

反省!!

 

今回は計測不能と言うことで

写真もデータもありません。

 

ごちそうさまでした。

 

 

 

 

もうすぐホテルです。

路地にはこんなお店があります。

 

 

 

ホテルに戻ってきましたが

まだ早いのでなにをしようか?

 

最上階がレストランで

お茶と景色が楽しめると言うので

行きましたが、料理を食べる人のみと言うことで断られました。

 

コーヒーはロビーのラウンジで飲めますと

おねーさんが教えてくれました。

 

でも、夜景だけみたいとお願いすると

案内してくれました。

 

満月の月でローマが明るく見えます。

 

記念にパチリ。

 

 

 

早速下へ行きました。

 

上で教えてくれたおねーさんが

下に降りてきていて

カフェオレを作ってくれました。

 

なんかとってもうれしいですね。

 

ローマで記念のカフェオレです。

 

 

 

0 コメント

イタリア スペイン広場へ向かいます!

 

 

 

イタリア ローマからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

トレヴィの泉から歩いて「スペイン広場」へ向かいます。

 

みんな同じところへ向かうため

狭い路地を多くの団体が歩いています。

 

 

 

もうすぐです。

すこし見えてきました。

 

写真は脇道なのでごめんなさい。

脇道フェチなもので…。

 

 

 

到着です。

 

やはり「ローマの休日」で代表的なスポットなので

多くの人がいます。

 

みんなオードリーのアン王女を思い出しているのか?

 

ココではジェラード食べられませんので

トレヴィの泉で食べることをおすすめします。

 

 

 

反対側を見ると

向こう側はコンドッティ通、ブランドショップエリアです。

 

 

 

上のトリニタ・ディ・モンティ教会の

上にカモメが多く飛んでいます。

 

 

 

トリニタ・ディ・モンティ広場からみたコンドッティ通です。

 

この辺はほとんど億ションだそうです。

 

 

 

 

さあ、バスの待っている場所まで歩いて移動です。

 

右の道を下ります。

 

 

 

左側はクルマでいっぱいです。

 

スマートがたくさん止まっています。

イタリアでもっとも多く見るクルマ一位ですね。

 

見えますかスマートのタテ駐車。

こんな事ができるクルマはそんなにありません。

 

トヨタのIQもできるかも?

 

イタリアで見かけたコンパクトカーベスト3

 

1位 スマート

 

2位 フィアット500(新型)

 

3位 ミニ

 

私の印象です。

 

 

 

 

 

 

 

バスからの景色です。

 

ここもアン王女がバスから飛び降りた場所です。

 

映画でご確認ください。

たぶん景色が変わっていないと思います。

 

すごい。

 

 

 

ホテルに到着。

 

ホテルの前をパチリ。

ちょっと都会の雰囲気です。

 

さあ、これからローマで宴会です。

ガイドさんはどんなレストランを紹介してくれるのか?

 

お楽しみに!!

 

 


 

 

0 コメント

イタリアで「ローマの休日」しませんか!?

 

 

イタリア ローマからボンジョルノ。

ベルクールです。


ついにローマの旅スタートです。

バスで移動しますが道が狭いため

観光スポットの近くには行けません。


離れた所から歩いて移動です。

 

 

 

一方通行の坂道に、

両サイドクルマがびっしり止まっています。

 

すきまがないくらいです。

 

バンパーで前後のクルマを押して

スペースを作り、出て行きます。

 

これが本当のパンパーの役目なのでしょうか。

日本なら大変な事になります。

 

 

 

もうすぐ「トレヴィの泉」です。

 

この右手にまっすぐ行って右に曲がった先です。

 

 

 

曲がった細い脇道に露天が並びます。

 

おいしい果物はどれてすか?

 

 

 

到着です。

人でいっぱいです。

 

 

 

一番前にいかないと

人の入らない写真は撮れません。

 

しかし、全景が撮れません。

 

 

 

コインを肩越しに2回投げ入れると

恋が成就するそうです。

 

なので

最前列の人は後ろを向いています。

 

私はしません。

 

 

 

記念写真を撮る方も熱々です。

 

 

 

ちょっと離れた位置から見ると

ちょっと冷めて見ることができます。

 

ここに行こうと企画したのは私ですが

恋を成就しようという意図もなく

 

「ローマの休日」が好きなのでよってみた。

しかし、ここは映画で見る場所で

来る場所ではなかったのか??

 

新婚旅行のカップルは、いいかもしれませんが。

否定しているわけではありませんが

ちょっとミーハー過ぎたかと反省です。

 

 

 

ここへ来る目的のご提案です。

 

近くのジェラード屋によることをおすすめします。

泉の斜め前にこのジェラード屋さんがあります。

 

そのついでに「トレヴィの泉」を見る。

 

 

 

最初にレジでサイズを告げて

お金を払う。

 

レシートをもって、

カウンターで好きなジェラード2種を選び

カップかコーンか告げる。

 

私はMサイズでキャラメルとイチゴほチョイス。

2ユーロです。

現在レートで232円位ですか。

 

日本より遙かにやすい。

 

 

 

 

日本のジェラードのほうが絶対美味しいと思っていたので

この美味しさは絶品です。

 

イタリアはすごい!!

ボーノ、ボーノ。

 

わざわざ食べに来る価値があります。

 

 

盛ってくれる人によって

量がかなり違うのもイタリア流。

 

この方はかなり盛ってくれました。

サンキュー。(なぜか英語)

 

ぜひ、ジェラードを食べに来て

ついでに「トレヴィの泉」を見ることをおすすめします。

 

がっかりしませんから。

絶対。。。

 

つづく

 

 

 


 

 

0 コメント

フィレンツェからローマへユーロスターで移動!!

 

 

 

イタリア フィレンツェからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

フィレンツェ中央駅です。

駅で手配したお弁当を持ってユーロスターに乗り込みます。

 

 

 

外は田園風景が続きます。

 

 

 

どうしてこんなに風景が絵になるのか?

丘の上には必ず大きな一軒家が見えます。

 

 

 

ローマに到着です。

ローマの旅は映画「ローマの休日」の

トレースに近いのもがあります。

 

この映画がなかったらローマは

こんなに人気スポットになったのか?

 

これからが楽しみです。

 

 


 

 

0 コメント

フィレンツェで美術館はしごです!

 

 

 

イタリア フィレンツェからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

さて、問題です

どこにいるでしょーか!

 

答え=ウフィッツィ美術館の3階からの眺めです。

ここからジョットの鐘楼が見える場所と下のベッキオ橋が見える

場所のみ外の撮影が許可されています。

 

現在工事中なのがちょっと残念です。

 

 

ということで撮影ができないので

言葉だけで説明しますと

 

ポッティチェッリの「ヴィーナスの誕生」

教科書でみたと思いますが。

実物はとっても大きな絵でした。

 

ダ・ヴィンチの「受胎告知」

こちらも教科書等でおなじみですね?

おもったより小さかった。

 

その他「ウルビーノのヴィーナス」や「ウルビーノ公爵夫婦の肖像」など

見たことのある絵がとて多い所です。

 

おみせできないのが残念です。

私の心にパチリです。

 

 

美術館の裏から出てきました。

とってもシンプルで美術館には見えません。

 

表側とはまったく印象が違います。

通り過ぎてしまいそうです。

 

 

 

次はドゥオモの反対側にあるアカデミア美術館へ向かいます。

 

フィレンツェは歩きです。

バスを使わなくても歩いて行けます。

 

 

 

フィレンツェもコンパクトカーかバイクが多いです。

マドマアゼルもオシャレにバイクです。

 

マドマアゼルはフランスだっけ?

 

 

 

自転車の標識にシール貼られています。

これはアイラブバイスクールでしょうか?

 

イタリアの人はシール好きなのかな?

メンバーの一人のスーツケースに

日本に着いたらサッカーのシール貼られてました。

 

 

 

後ろにジョットの鐘楼が見えます。

 

 

 

 

 

もうすぐアカデミア美術館です。

ここではダビデ像を見ました。

 

本物の後ろ姿見たことありますか?

レプリカでご覧ください。

こちらも写真撮影禁止なので実物は

現地でご覧ください。

 

 

 

 

 

お土産でレプリカ買って来ましたが

正面にしておくとちょっと恥ずかしいです。

 

 

ままたまたクイズです。

これは何でしょう?

 

答え=馬をつなぐ金具です。

そのまま残っています。

 

 

寒くなってきたのでコーヒータイムです。

 

ガイドの青木さんイチオシカフェは右の角のお店です。

カフェオレが2杯で2.3ユーロくらいでした。

 

とっても美味しかった。

 

さあ、これから列車でローマへ向かいます。

 

 


 

 

フィレンツェの朝食からはじめます!

 

 

 

イタリア フィレンツェからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

フィレンツェ グランド・ホテル・バリオーニの

朝食です。

 

ホテルでの朝食はどこへ行ってもバイキングです。

 

私は、いつもベーコンとスクランブルエッグ

甘いパンと甘くないパン。

そしてオレンジジュースにフルーツ数種とコーヒー。

 

結局は好きなモノしか食べないので

逆に比較ができる。

 

ヴェネツィアのベーコンの方が美味しかった。

コーヒーもジュースも。

 

 

 

ホテルをご紹介します。

廊下には古いフィレンツェの写真がかかっています。

 

 

 

まるで迷路のような細かく廊下がタテヨコに走っています。

手前の扉が私の部屋です。

 

 

 

部屋の中です。

とってもクラッシックです。

この椅子はちよっと小さいのですが座り心地が良いです。

 

この部屋の窓を開けると

厨房でパンを焼いているのが見えました。

 

 

 

午前の観光に出かけるので

ロビーに集合です。

 

ここも部屋の雰囲気と一緒の家具が並びます。

 

 

 

 

天井を見て、板チョコを思い出すのは

私だけでしょうか。

 

記念にパチリ。

 

 

 

玄関です。

 

回転扉です。

日本では最近減りましたね。

あの事件いらい。

 

この扉も、時折2人はいってあたふたしました。

 

 

 

さあ、みんな揃ったので

出発です。

 

行ってきます。

 

 


 

 

0 コメント

イタリア フィレンツェで美味しい飲み会です!

 

 

 

イタリア フィレンツェからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

フィレンツェでの美味しい飲み会スタートです。

ガイドの青木さんイチオシ

人気のお店がここYELLOWです。

 

イタリアは20時くらいが夕食のピークらしく

19時に伺いました。

入口左側の窓越しの席に座りました。

お店はまだほとんどお客さんがいません。

 

日本なら人でいっぱいの時間です。

食事時間も文化ですね。

 

一気に注文しました。

ここにも日本語メニューがありました。

マスターが写真をとっていいと言うので

取材スタートです。

 

 

 

 

ほうれん草の生パスタを注文したので

早速、パスタマシンでパスタを作っています。

目線をいただいてパチリです。

 

 

 

厨房ものぞいたら

シェフがOKサインです。

 

どういう意味でしょうね。

おいしいよ と解釈しました。

 

次はピザの作業です。

まずは

生地をのばして

広げて

飛ばす??

 

パフォーマンス最高です。

 

 

窯にピザが入りました。

 

どのくらいで焼けるのかな?

 

 

 

隣では注文したビールが注がれています。

 

すみません最初はビールでいきます。

 

その次はワイン。

 

 

 

どんどんできあがってきます。

 

ニョッキのパスタ到着。

 

 

 

茄子のピザ到着。

 

 

 

マルゲリータも到着。

 

やはり撮影重視していると

食べる暇がありません。

 

撮影はここでストップいたします。

撮影よりも食欲。

 

ここは人気店だたけあって

どれを食べてもおいしーい。

 

パチリ一時終了。

 

 

 

お店の前に人がどんどん集まって来ます。

 

店内の席はいっぱいです。

中も外も人でいっぱいです。

 

 

 

最後にデザート注文。

ジェラードです。

 

チョコはNGなので

バニラのみ味見しました。

 

うーまーいー。

 

◎結果発表!!

 

・パスタ/12皿

・ピザ/4枚

・ジェラード/3皿

・ドリンク/計測不能(ビール、ワインなど)

※このテーブルは8名で座りました。

 

ごちそうさまでした。

 

 

 

 

帰りです。

カフェのよこを通り過ぎ。

 

ドゥオモも通り過ぎ。

 

 

 

駅に向かって進みます。

 

右下にいる人が

ガイドの青木さんです。

とっても素敵なきれいな方です。

 

青木さんありがとうございました。

 

 


ドゥオモに登る?って本当ですか!!

 

 

 

イタリア フィレンツェからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

再びドゥオモに戻って来ました。

先ほどブランドショップエリアがあると言うことで

2つのプランが決定しました。

 

Aチーム ブランドショップ巡り

 

Bチーム ドゥオモ・鐘桜登頂

 

体力に自信のない私は

当然Aと思っていましたが…。

 

K氏の強烈なプッシュでBチーム参加。

Bチームは3名。

 

2名は常日頃山登りをするベテラン。

私は常に机に座りパソコンと格闘する毎日の

デスクワーク人間。

 

はたしてたどり着けるのか???

 

 

 

ドゥオモの一番高いドームの上の先まで行きます。

階段で440段ほど。

人影がみえますか?

 

 

 

 

最初は螺旋階段をひたすら登ります。

 

当然私は一番後ろです。

最初の5分くらいまででしょうか

ついて行けたのは…。

 

 

 

ドームに近づくとドームのカタチに合わせて

グルグル回りながら登ります。

 

行きと帰りで一部ダブラないように

設計されています。

 

 

 

途中の窓から外が見えます。

このころからすっかり離されてしまいました。

 

マイペースで休み休み登ります。

 

 

 

20分くらいでしょうか。

到着です。

 

上は360度景色を楽しめます。

 

手前にあるのがジョットの鐘桜84.7m。

こちらも登れます。

同じく400段コースです。

 

 

 

降りてくる途中にこのドゥオモの中でみた

フレスコ画が目の前に見ることができます。

 

K氏はコレを見せたくて

私を誘いました。

 

感謝と感激です。

これは登った人しか味わえない最高のご褒美です。

 

Aチームに行かなくて良かった!!

 

 

 

絵の所々に穴が空いていますが

これは絵を描くときの足場の棒の穴だそうです。

 

帰りは楽ちんでした。

遅れることもなく降りました。

 

この後、2人はジョットの鐘桜にチャレンジに行きました。

私は、当然パスです。

あり得ない。

 

Aチームは良い商品にであえなかったと

誰もお買い物してませんでした。

 

旅の思い出はBチームが正解てすかね。

 

 

2人が戻ってきたので

さあ、これからご飯ご飯。

今日はガイドの青木さんが地元で

今人気のお店に連れて行ってくれます。

楽しみです。

 

 

 


0 コメント

フィレンツェ、ミケランジェロ広場に行かなくちゃ!

 

 

 

イタリア フィレンツェからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

右手に見えるのがサン・ジョヴァンニ洗礼堂。

ドゥオモの向にあります。

 

こちらも見学です。

 

 

 

天国の門です。

10枚のパネルに旧約聖書の逸話が描かれているそうです。

 

ちなみにレプリカです。

本物はドゥオモ美術館にあるそうです。

 

ココの前はいつも人混みでなかなか見えないそうです。

すいているようです。

 

ラッキー!!

でもどういうモノか、価値を分かっていません。

 

 

 

 

 

金色に輝くモザイク画です。

椅子があるので座って、づーっと上を見ていました。

 

ここも双眼鏡があると便利です。

K氏にかりて見ましたがとてもキレイです。

 

イタリアの旅は宗教画の旅でもあります。

芸術は宗教と一体のようです。

この時代は。

 

 

 

この先にタクシーを拾える場所があります。

ガイドの青木さんがタクシーを捕まえてくれました。

 

私のわがままオーダー

「ミケランジェロ広場」からフィレンツェの夕日が見たいー。。。

 

さっそく移動です。

 

 

 

クリックしてください。

私の見た感動をおすそ分け。

パノラマ、パチリしました。

 

「ミケランジェロ広場」から見た景色です。

この日は曇っていたので

夕日に染まるフィレンツェは見ることはできませんでした。

 

 

 

先ほど行ったドゥオモやポンテ・ビェッキオ橋が見えます。

夕日にそまったらキレイだったんだろうなー。

 

つづく

 

 

 


0 コメント

再び、ドゥオモに戻ってきました!

 

 

 

イタリア フィレンツェからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

再びドゥオモの方へ戻ります。

途中美味しそうなお菓子屋さんというかカフェが続きます。

 

カフェのショーウインドウはこんな感じでお菓子が並びます。

 

 

 

日本人発見!!

 

アーティストです。

パステルと指で道路に絵を描いています。

 

メチャクチャうまい!!

でも、描き終わったら消して帰るそうです。

 

雨が降ったら、やはり消えいてしまいます。

もったいない!

 

ガンバレ日本チャチャチャ!

やはりパチリです。

 

 

 

たぶんここは共和国広場たと思いますが

この建物が境になって

向こう側がブランドショップエリア。

 

こちら側にはZARAやH&Mなど庶民派ショップが並びます。

 

メリーゴーランドは庶民派でした。

 

 

 

 

 

道が狭いせいでしょうか

小さなカワイイバスが走っています。

 

名人くらい乗れるんですかねー。

ちよっと気になります。

 

 

 

ドゥオモに到着です。

 

ついにドゥオモの中に入ります。

見どころはやはりドームのフレスコ画「最後の審判」。

 

楽しみです。

 

 

 

かなり高い天井に描かれているので

カメラのズームを使ってもこんなもんです。

 

双眼鏡を持参するのがいいみたいです。

 

このドームは実は有料で登れます。

8ユーロ。

ただしエレベータはありませんので

400段以上の階段を登ることになります。

 

体力に自信がある方どうぞ。

 

つづく

 

 

 

 

 


0 コメント

フィレンツェぶらり散歩です!

 

 

 

イタリア フィレンツェからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

今日はウフィッツィ美術館とアカデミア美術館がお休みなので

ぶらり散歩です。

 

ランチのあと再びシニョリーア広場に戻ってきました。

 

 

 

ポセイドン

 

ダビデ像(レプリカ)

本物はアカデミア美術館にあります。

 

ここからポンテ・ベッキォ橋の方へ

歩いていきます。

 

ウフィッツィ美術館の横を通り抜けます。

 

 

 

道の途中で

大道芸人です。

 

 

 

ヴェッキォ橋が見えてきました。

 

 

 

あちこちにカギが着いています。

日本にもよくありますが

幸せを願うおまじないです。

 

でも今は、法律で禁止されているそうです。

捕まりますのでお気を付けください。

 

 

 

 

ヴェッキォ橋に到着です。

両サイドに宝石のお店が並びます。

 

女性はすきそうですね。

 

 

 

人でいっぱいです。

 

遠くにドゥオモが見えます。

 

 

 

橋の両サイドから見た景色です。

 

何百年も前と変わらない景色。

時代を共有できる街づくり

すごいですね。

 

つづく

 

 


0 コメント

フィレンツェ最初のランチです!

 

 

 

イタリア フィレンツェからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

ようやくフィレンツェです。

フィレンツェは街がコンパクトにまとまっているので

ほとんどが歩きです。

 

ホテルから歩いて5分くらいでドゥオモが見えてきました。

パチリ。

 

13:00 フィレンツェ最初のランチです。

おなかが減ってはいけませんね。

 

 

 

ジョットの鐘桜も横目で通り過ぎます。

 

 

 

ジェラードなどの誘惑にもめげず

どんどん進みます。

 

 

 

シニョリーア広場も通り過ぎます。

ダビデ像がもともとあった広場です。

現在はレプリカが置かれています。

 

ここは後で紹介します。

まずはランチ!!

 

 

 

横の狭い小路にはいってどんどん進んだ先が

今日のランチのお店です。

 

 

 

またしても飲み物はビールです。

 

本日のランチは

トマトベースのパスタです。

でっかいお皿を持って

ボーイさんが好みの量を盛ってくれます。

 

 

 

つづいては本日のメイン料理。

ステーキです。

 

厚さは3cmはあります。

タテも20cm位。

日本でもこんなに大きなステーキは食べたことがありません。

 

とっても柔らかくとっても美味しい。

とってもシンプルな素材の味を活かした味付け。

完食しました。

 

とっても満足。

 

 

 


ヴェネツィアさようなら、フィレンツェこんにちは!

 

イタリア ヴェネツィアからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

ヴェネツィア、サンタ・ルチア駅に到着です。

ここからユーロスターに乗って

フィレンツェに向かいます。

 

この駅の反対側をパノラマで

ご覧ください。

 

 

 

クリックしてみてください。

大きく表示します。

とってもいい雰囲気です。

 

 

 

この国では、ぎりきりまで

最終到着ホームが決定しません。

切符に出発ホームは書いてありますが

すぐ変更するそうです。

 

この日も5番に変更になりました。

確定したのが10分前です。

 

すぐポーターさんが荷物を移動です。

 

 

 

列車が発車しました。

途中ヴェネツィアの建物が見えます。

雨が降っていてよく見えませんが

ヴェネツィアが島なのがよく分かります。

 

 

 

2時間ほどでフィレンツェに到着です。

ヴェネツィアは雨でしたが

フィレンツェは晴れています。

 

宿は駅の目の前、

グランド・ホテル・バリオーニです。

歩いて向かいます。

 

荷物はポーターさんが運んでくれていますので

楽ちんです。

 

 


0 コメント

ヴェネツィア写真館はいかが!

 

イタリア ヴェネツィアからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

ヴェネツィアの旅を振り返って

ちよっとモノクロ写真を何枚か撮りましたので

ご覧ください。

 

ヴェネツィアはとってもモノトーンが

似合います。

 

 

 

 

 


0 コメント

ヴェネツィア最後のバーカロ!

 

イタリア ヴェネツィアからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

ついにヴェネツィア最後になってしまいました。

バーカロ2日目の夜です。

シルヴィアさん行きつけのお店。

 

いつものリアルト橋を渡ります。

昼間とはまったく違う顔です。

 

 

 

リアルト橋の上からは

ライトアップというよりは街の灯りが

とってもきれい。

 

右側にリバーサイドのバーカロですかね?

とってもいい雰囲気ですね。

 

 

 

先ほど上からみていた

バーカロですか。

 

ちょっとよりたくなります。

ここは何が美味しいんですか?

 

 

 

ここで立ち止まるわけにはいきません。

ここを右に曲がります。

 

真っ暗な通りを抜けたところが

今日のお店ですね。

シルヴィアさん。

 

 

 

ここです。

 

 

 

日本語のメニューがありました。

これはありがたい。

日本語メニューがあるとみんな自由に頼みます。

 

飲み物は最初はビール。

その後はやっぱりワインです。

 

日本人っぽいです。

 

 

 

上から

前菜

豆とパスタのスープ

お魚のグリル

他にもいろいろ頼みましたが

写真が間に合いません。

パチリより食欲です。

 

 

 

 

とっても日本人らしい

きれいに骨だけ残しました。

 

ヴェネツィアの人は

キレイに食べるのかな?

 

 

お店の人はとっても陽気です。

カメラを向けると笑顔で撮らせてくれます。

 

この店はモノクロがよく似合う。

 

 

帰り道、振り返ると

お店の前にはまだまだ

お客さんでいっぱいです。

 

ボーノ、ボーノ。

さよなら。

 

 


0 コメント

ムラーノ島かサン・マルコ広場の鐘桜か!

 

イタリア ヴェネツィアからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

ガラス工房があるムラーノ島か

サン・マルコ広場の鐘桜へ登か?

時間の関係で選択を迫られた!!

 

鐘桜は16世紀に一度くずれたため

現在はエレベーターが着いている。

ありがたい。

ヴェネツィアの全貌が見渡せる。

 

ムラーノ島は、船に乗って10分くらいの移動。

ガラス工芸博物館の見学。

 

さあ、どっち!?

 

悩んだあげくムラーノ島へ。

 

 

向こうに見えるのは、

サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会です。

 

ここから船でムラーノ島へ移動。

 

ムラーノ島に到着しました。

 

ガラス工芸博物館の見学です。

 

ここも、撮影禁止です。

ガラス製のものすごいシャンデリアがたくさん。

いいなーと思いますが

日本の住宅では天井が低すぎて

無理ですね。

 

時間がなくて

お店巡りはできません。

 

ムラーノ島よ、さようなら。

 

 

 


0 コメント

ブルース・ウィリス「RED」観ました!

 

内容もよく分からずに

今朝、突然映画へ行きました。

 

「RED」

 

どういう意味だろうと思ったら。

"RED"「Retired Extremely Dangerous(引退した超危険人物)」

だそうです。

 

久しぶりに楽しい映画でした。

 

最近はアクションが激しかったり

大スター起用で話題を作ったりと、

見終わった後に何も記憶に残らない。

 

久しぶりにワクワクしました。

 

リタイアした人達が主人公ですが

現役の人達にまけない。

 

現実にも60歳をこえて

第一線でバリバリやっている人を何人か知っています。

とても敵いません。

 

今までやってきた経験が深い人ほど

年をとっても頭は活性化し、進歩しているように思います。

 

われわれももっと頑張らねば

と考えさせられた映画です。

 

 


記憶に残る「イタリアぶらり旅」特集

連載中です。

 


1 コメント

ヴェネツィアでランチタイム!

 

イタリア ヴェネツィアからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

ゴンドラの後はランチです。

すぐ近くのお店に行きました。

 

 

 

飲み物はビールです。

お昼からワインを飲むと歩けなくなるので。

ヴェネツィアは基本歩きですから。

 

メニューは、何が出てくるか知らされていませんでしたが

イカ墨パスタです。

お皿一杯に入っています。

どー見ても二人前。

 

ミラノもそうでしたが

盛りつけは結構大胆です。

家庭のパスタ?

といった盛りつけでしょうか。

イカ墨パスタ初体験でした。

 

みんなお歯黒状態。

今日はまだこれからなのに…。

 

 

 

次にサラダとイカとエビの揚げ物とふわふわしたもの。

なんでしょうね。

 

すでにお腹ぱんぱんです。

 

 

 

 

デザートはティラミス。

私はチョコレートアレルギーです。

 

味見すらできません。

香りだけで、ちょっと危険信号です。

ヨーロッパのデザート、チョコ系多いですよね。

いつも食べることができない。

パスですが

思い出にパチリです。

 

言っておきますが

私はチョコレートが大好きです。

23歳まではちゃんと食べてました。

 

それは突然やってきました。

仲間達と喫茶店でお茶してたとき。

いつものようにココアを飲んでいました。

そしたら目が腫れノドが苦しくなり

動けなくなりました。

 

どーでもいい話でごめんなさい。

本当は食べたかったんです!

 

 


0 コメント

ヴェネツィアでゴンドラします!

 

イタリア ヴェネツィアからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

つい〜にゴンドラです。

乗るときがちょっと怖いです。

落ちた人はいますかと聞いたら

「います」とガイドさん。

 

 

 

われわれのゴンドリエーレは

ちょーイケメンです。

 

しかも、無口です。

この季節はアカシマシャツは着ていません。

寒いしね!!

 

確か歌とか歌ってくれるんじゃなかったっけ??

 

 

 

 

ゴンドラツアーはどんどん奥へ入っていきます。

 

 

 

船ごとに装飾が違っているようです。

ウマの飾りがペッテイ。

うしろの舵がフェッロだそうです。

みんな違います。

 

 

 


0 コメント

Googleカレンダーでちよっとお願い!

 

iPhone4使い始めて7ヶ月と4日目。

ベルクールです。

 

Googleカレンダーにお願い?

Appleにお願い?

みなさんカレンダーに日本の祝日があればなーと

思ったことありませんか。

 

祝日がないので

打ち合わせの時はiPhoneのカレンダーを見て

いつにしましょう!

と使用していますが

その日、祝日ですよと言われることがある。

 

最近は事前に祝日を予定に入力している。

 

iPhone4のカレンダーはApple。

同期させているスケジュールはGoogle。

どっちがやってくれれば良いのだろう???

 

 

 

 

 

 


0 コメント

ドゥカーレ宮殿とヴェネツィアガラス!

 

イタリア ヴェネツィアからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

サン・マルコ広場のドゥカーレ宮殿を見学です。

撮影できるのはココと出口近くの2箇所のみ。

撮影できないところがとっても多い。

 

 

 

ため息橋はご覧のように工事中!

両サイドが青空で覆われています。

中は見れましたが。

 

 

 

 

 

次はヴェネツィアガラス職人さんの

早業見学です。

 

作品に名前を入れられる人は

ヴェネツィアにも数人しかいないそうですが

この方はその一人だそうです。

名前忘れましたが。

 

10分くらいの間に

飴細工を作るかのように

花瓶とウマの置物を作ってくれました。

 

ヴェネツィアガラスの偽物が多いので

認証マークを作ったそうです。

露天系で売っているものや

安い商品がそーらしいです。

 

10年後に分かるといわれましたが

10年後、持っているかな?

 

 

 

 


0 コメント

リアルト橋を通ってサン・マルコ広場へ!

 

イタリア ヴェネツィアからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

ホテルを出ると霧雨っぽい天気です。

歩いてリアルト橋まで来ました。

とっても近いですよ。

 

 

上が橋から見た景色です。

とってもヴェネツィアらしい景色です。

 

うえに上がった中に別の道につながる道がある?

 

上がったけど、この道をまた降りるんです。

分かります?

 

この橋は2重構造になっているようです。

 

 

両サイドにおみやげ屋さんがいっぱい。

 

さらに迷路のように進むと

サン・マルコ広場に出ます。

 

 

ここからヴェネツィアの観光スタートです。

 

霧のようにかすんでちよっとロマンチックです。

 

 


0 コメント

ちょっとホテルをご紹介!

イタリア ヴェネツィアからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

この写真は部屋のデッキから撮影しました。

着いたのが夜だったのでまったく分かりませんでした。

驚きでパチリです。

 

 

1階にはいくつかのウェイティングルームがあります。

窓からは観光のゴンドラを見ることができます。

 

とっても古いけど

とってもきれいなホテルです。

満足、まんぞく。

 

 


0 コメント

ヴェネツィアのホテルで朝食!

 

イタリア ヴェネツィアからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

さすが、ガラスの国ヴェネツィアのホテル。

装飾品にガラス製品が使われています。

とってもキレイなのでパチリです。

 

朝食を食べる食堂で見つけました。

 

 

 

朝食はバイキングです。

甘いパンと甘くないパンをチョイス。

ベーコンとスクランブルエッグを多めに。

とフルーツ。

 

コーヒーとミルクが同じ大きさのポットで

各テーブルに届きます。

 

これは、カフェオレで飲んで??

といことかと思いたっぷりミルクで頂きました。

旨い!!

 

コーヒーだけちよっと飲みましたが

味としてはカフェオレ前提のコーヒーですね。

ちょっとツーぶったりしました。

 

 

 


1 コメント

さあ、ヴェネツィアでご飯だ!

 

イタリア ヴェネツィアからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

最初に連れて行ってくれたのがココ!

シルブィアさん行きつけのバーカロです。

 

本日は22時で閉店だそうです。

いつもは遅くまでやっているそうですが。

残念。

 

時間も遅いので

お腹もすいていますが

ガンバレ!!!

 

 

 

 

 

次のお店です。

私たちが最後のお客のようです。

シルビィアさんにお任せでつまみお願いしました。

 

みんなで赤・白ワインにスパークリングワイン。

さらに、ビールまでオールミックスで頂きました。

みんなよく飲みよく食べました。

 

明日もシルビィアさんお願いします。

 

 


0 コメント

ついにヴェネツィアに到着!

イタリア ヴェネツィアからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

ミラノ中央駅から2時間ほど列車に乗って

ヴェネツィア、サンタ・ルチア駅に到着です。

底冷えがするほど寒い。

 

駅を出るとすぐ運河です。

ちょっと感動です。

記念にパチリです。

 

ポーターが先に荷物をホテルに運んでくれているので

手ぶらで小型ボート(屋根付き)に乗って

ホテルへ移動です。

 

 

真っ暗な運河をどんどん進んでいきます。

まるでナイト運河ツアーです。

 

暗闇にうかぶ灯りや桟橋を渡る人達が

とってもロマンチックです。

 

船内にいるのがもったいないので

ナイトツアーもパチリです。

 

 

 

橋の手前右手が、宿泊する

スターホテルです。

船でホテルに到着

とってもサプライズです。

 

団体ツアーでは通常バスで移動しますので

島の中には宿泊はしないそうです。

 

荷物はちゃんと到着していました。

 

 

 

駅まで迎えに来てくれた

シルビアさんです。

 

日本に留学していたので

日本語ぺらぺらです。

 

実はこの後の夕食は

シルビアさんおすすめのバーカロを

案内してくれます。

お楽しみに。

 

 


iPhone4海外でも使えた!

 

iPhone4使い始めて2ヶ月と29日目2

ベルクールです。

 

先日海外へ行った時のこと

iPhoneは契約しないと海外で使えないと思い

機内でiPodを使った後は電源を切っていた。

 

現地でふと電源を入れたらどうなるのかと、

電源を入れるとキャリア名が「softbank」から「Vodafone」

に変わり着信履歴が残っていた。

 

なんとiPhoneは契約なしで海外通話OKでした。

びっくり…。

 

ただし、先ほど調べたら

私の行ったイタリアは119円/30秒でした。

 

あとは契約で1日の金額を設定もできるようです。

iPhone4は海外でも便利なのですね。

 

もうちょっと調べておけばよかったのか?

 

でも、おかげで1週間まったく電話を使わなかった。

実はパソコンもテレビもまったく見なかった。

 

道具を持つと便利になるが道具やメディアに

縛られた生活になっていたのかな?

と旅の1週間を振り返って思った。

 

本当に大切な物

本当に必要な物って何なのか

考えさせられた1週間でした。

 

 

0 コメント

2ヶ月前のカレンダーはどこへ?

 

iPhone4使い始めて5ヶ月と29日目

ベルクールです。

 

2ヶ月前のスケジュールを確認しようと

パソコンより確認の早いアイフォンで

と思ったら出てこない???

 

おかしいと思いパソコンでGooglカレンダーを

確認しましたが問題なし。

 

どおやらiPhoneでの同期は2ヶ月までのようです。

過去のスケジュールは仕事をする上では

結構重要なんですが…。

残念です。

 

 

0 コメント

美術館2軒をはしご!

イタリア ミラノからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

歩いてちょっと戻りつつ「ブレラ美術館」へ移動。

中に入るとナポレオン像がお出迎え。

シーザー風らしい?

 

ブレラ美術館は宗教美術が多い。

ガイドさんが説明してくれるが

どうも記憶に残らない。

 

続いてデザインミュージアムへ移動。

ブレラ美術館の後なので

とっても新鮮です。

 

ジャンルでいうと現代アートと

プロダクトデザインです。

 

興味のある人にはちょっと面白いと思います。

到着したのが夕方だったのでまわりは真っ暗。

 

でも、屋上にキラキラ輝いていましたよ。

これもクリスマスのなごりかも?

 

記念にパチリです。

 

それからちょっとトイレの話。

イタリアの施設やレストランなどのトイレの手洗いは

蛇口にレバーはありません。

 

自動かと手を差し出しても反応はありません。

 

お気お着けてください。

 

イタリアは足踏みです。

手を出している自分が

恥ずかしくなりますよ。

 

私は、足踏み初体験でした。

パチリしてませんので

写真はありません。

残念。

 

 

 

 

 

 


0 コメント

ガッレリアを過ぎるとドゥオモです!

イタリア ミラノからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

ガッレリアを通り抜けると左手にドゥオモが見えてきます。

圧倒的な存在感です。

 

さすがミラノの象徴。

 

この辺は人が多いのでちょっと危険地帯です。

鳩のえさを売りつけようと声をかけてきます。

 

 

 

中を見学することができます。

ステンドグラスがキレイです。

 

晴れていればもっきキレイだったんでしょう。

 

記念にパチリ!

 

 

 

トゥオモの前に大きなクリスマスツリーと

その下はティファニーカラー。

 

リボンも付いています。

 

とおもったらティファニーのショップでした。

 

期間限定なのかな??

 

やることが大胆ですね。

 

 


0 コメント

ついにガッレリアに到着!

イタリア ミラノからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

ついにガッレリアに到着しました。

132年前にできたガラス張りのショッピングアーケード。

ブランドショップがいっぱい。

とってもオシャレな場所です。

 

何年か前に雪の重みでガラスが割れたそうです。

コワ。。。

 

 

 

ここが有名な、床の雄牛のモザイクにかかとを着けて

3回転すると願いが叶う場所です。

 

間違って1回転しかしませんでした。

 

残念!

 

順番は並ぶというより

前に出て行った人がやるという感じです。

見ているだけだといつまでたってもやれません。

みんな頑張って挑戦してください。

 

 


0 コメント

イタリアといえばレオナルド・ダ・ピンチ!

イタリア ミラノからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

ここは、オペラの殿堂「スカラ座」と

ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアの間にある

公園みたいな所です。

 

ここにダ・ヴィンチの像がたっています。

ただ立っているだけでなく

下をごらんください。

イケメンの弟子達も立っています。

もしかして…。

 

ミラノにはサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会に

「最後の晩餐」を残しています。

数日前にもご紹介しました。

 

ダ・ヴィンチの作品はこの後、フィレンツェでも

いくつかル予定にしているので

楽しみです。

 

 


0 コメント

SALDIって何だ!!

イタリア ミラノからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

ミラノのあちこちでクリスマスの飾りと(終わっていると思うけど)

SALDI(セール)の文字があちこちに。

イタリアのセールのようです。

 

割引率が-(マイナス)がついていたりします。

ちょっと日本とは違いますね。

 

場所にもよりますが

ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアでは

大きな袋を持った人がたくさんいます。

 

私は、興味がないので

お店には入りませんが…。

 


0 コメント

イタリアミラノでランチ。

イタリアからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

ミラノでランチです。

上からタマゴとチーズのリゾット、

下がカツレツです。

 

カツレツはミラノではメジャーな料理と思っていたのですが

現地の人は誰も食べていません。

パスタや魚介系の料理を食べている。

ちょっと選択間違えたかな?

 

カツレツは薄いのですが

肉をたたいて薄くしているので

決してただ薄いハムカツのたぐいではないそうです。

 

味は日本人にはとても食べ慣れた味といった所です。

 

ただ、料理全てがお皿のセンターずれているのが

ちょっと許せませんね。

撮影前にずらそうとも考えましたが

コレも思い出。

パチリしました。

 


0 コメント

ついにこの日がやってきた!

イタリアミラノからボンジョルノ。

ベルクールです。

 

この道の先に見えるのが…

 

「サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会。

そうですレオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」が

壁画として描かれている場所です。

コレがチケットです。

ほとんど手に入らないので、ツアーでもなかなか見ることができません。

今回は、ハミングツアーの坪井さんが苦労して

手配してくれたプレミアチケットです。

 

ここから入場です。

チケットは時間指定があり

15分単位で20名くらいが一緒に入場します。

 

15分たつと20名が出てガラスの扉が開き

次の20名が入るという、徹底した入場管理がされています。

 

私の予約は13時15分。

15分間の感動を味わいいます。

 

中は写真が撮れないので

外にある垂れ幕をご覧ください。

 

中に入ると左手に「最後の晩餐」があり左手壁の上に6つの窓があります。

現在は光が入らないように5つはふさがれていました。

この窓が空いていたとしても

当時はかなり暗い場所でこの絵を見ていたのかなと

描かれた当時のことを想いめぐらせました。

 

この絵が見たくて今回イタリアにやってきました。

これから続くイタリアの旅のほとんど目にする絵が宗教画ですが

500年前の絵とは思えないくらいに迫力があります。

 

修復されたとはいえかなり色が薄くなっているのでしょうか

写真やテレビで見るような彩度や濃度はありません。

やはり本物をこの目で見ることに価値があります。

 

チャンスがあればぜひもう一度この絵を見たいと

ココロが感動しています。

 


0 コメント

イタリアなコンパクトカー!

イタリアからボンジョルノ!

ベルクールです。

 

街には小さな車がとっても多いですよ。

ミニ

フィアット 500

スマート

ミトなどなど

 

特にスマートが多いですね。

へたすると縦置き駐車です。

 

そういや一回もフェラーリやランボルギーニ見ませんでしたね。

この石畳は危険かもしれません。

 

 

 


0 コメント

ミラノでアート?

イタリアからボンジョルノ

ベルクールです。

 

ミラノでアート見つけました。

なんだと思いますか?

 

針と糸だそうです。

ファッションの街としての

シンボルとして公募したらしいのですが

ミラノっ子には人気が無いそうです。

 

たしかにちょっと街の雰囲気に合わないような!

 

 

 


0 コメント

イタリア ミラノに到着

イタリアからボンジョルノ

ベルクールです。

 

パリ経由で、イタリアのトリノにつきました。

あのオリンピックのあった場所。

ここからバスで2時間、ミラノに到着。

 

ミラノはファッションの街。

街中は意外にも路面電車が走っていました。

新型から古いレトロ電車まで

古いモノと新しいものが常に同居している印象です。

 

道路は全て石畳。

オシャレな靴では疲れてしまいそうです。

 


0 コメント

新年あけましておめでとうございます。

新春

 

新年あけましておめでとうございます。

 

今日はとても良い天気に恵まれ

近年にないすがすがしい気持ちです。

にいがたといえば鉛色の空の日々が続く冬の日に、

こんなに天気なのはとっても嬉しいことです。

 

18年前まで九州は福岡、姪浜に暮らしていた頃は

冬といっても雪が降ることはほとんど無く

鉛色の空の日々はほとんどありません。

九州の人にタレントが多いのは

この気候のせいだと思っています。

 

温暖化の影響か?

新潟市内も近年は雪が降ることもなく

新潟も変わったものだと思っていましたが

2010年は大雪に見舞われました。

やっぱり新潟はにいがた。

雪国だったと再認識しました。

 

これからは、新潟人の粘り強さが

生かされる時代が来るのではと

思っています。

粘り強さタレントと言えば「小林幸子」さん。(新潟市出身)

昨日は、鶴に乗って回っていました。

できれば朱鷺にしてほしかったですが。

 

日々、webマガジンのお手伝いをしているときに

「あきらめないこと」と言い続けています。

継続は力なり。

 

ちょっと自分に言い聞かせています。

今年も、みなさまよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

bellecoure

 

新潟市中央区東幸町4-10

ダイアパレスRC東幸町 東棟1402

お問い合わせ : メールフォーマットより